プラモデル・模型の作り方を写真入りで1から解説!
車・バイク・飛行機・艦船・AFVなど、スケールモデルを中心にUPしてます。
TOP特集 Hot!完成品ギャラリー 制作日記 UP!組立・工作ポイント塗装ポイント情景・ジオラマ製作
工具・塗料・材料模型用語集模型ハウツー本 プラモ通販リンク集当サイトについて メール
TOP > 特集 > エアーブラシ > 2.ハンドピースの選び方

ハンドピースの種類・選び方

スポンサード リンク

ハンドピースは、塗料を霧状にして噴射する道具ですけど、色々と種類というか、仕様に違いがあります。

個人的に最初の1本にオススメなのは、ダブルアクションのカップ一体型、口径0.3mmのハンドピース。これが最もオールマイティに使えます。

ハンドピースについてまとめると、だいたい以下のような感じになるかなと思うので、1つ1つ紹介してみたいと思います。

1.動作方法(ダブルアクション・トリガーアクション・シングルアクション)
2.カップ一体型 or 分離型
3.ノズル口径の違い
4.吸い上げ式 or ドロップ式
5.キャップ形状の違い(クラウンタイプ、フラットタイプ)
6.どのハンドピースを買えば良い?



1. 動作方法の違い


ハンドピースには、写真左から「ダブルアクション」、「トリガーアクション」、「シングルアクション」の、3タイプがあります。


●ダブルアクション

まず最も一般的なのが、このダブルアクションタイプ。

ダブルアクションタイプは、@ボタンを押すとエアーが出て、Aそのままボタンを引くことで塗料が出るハンドピースです。

ボタンの引き量を多くすると塗料の噴出量も多くなり、塗装中でも自由に塗料の排出量をコントロール出来ます。

細吹きのグラデーション塗装から艶有りのベタ塗りまで、とてもスムーズに使えるんですけど、長時間の使用だと指が疲れやすいかもしれないです。

ボタンの押し具合でエアー圧を調整することは出来ず(全く出来ない訳では無いですけど、実用的じゃないです)、ボタンを押せば常にエアーは全開状態になります。


ボタンタイプを長時間使って指が疲れる場合、部品を交換してボタンを押さなくてもエアーが常に出ている状態にしておく事もできます。


部品は左の写真の、左側の元々ついている「エアーバルブジョイント」を、右側のタミヤの「エアージョイント」に交換します。

タミヤのハンドピースには、最初から「エアージョイント」が付属してます。

タミヤのカスタマーサービスでも単体で注文可能で、値段は600円程です。



写真左の所、ここをエアージョイントに変えておくと、ボタンを引いて塗料の出具合だけを調整すれば良いので、かなりラクになりますよ。
ボタンを引かなければ塗料は出ないので、特に不具合もありません。

ただし、右の写真みたいな、エアーバルブジョイント部分が本体と一体になってるハンドピースは、交換することが出来ないです。



●トリガーアクション
トリガーアクションは、エアーと塗料をトリガーの引きだけで調節するタイプのハンドピース。
ダブルアクションのトリガー版です。

トリガーを少し引くとエアーだけが出て、さらに引くと引き量に応じて塗料の噴出量も多くなります。

トリガーを引けばエアーは常に全開状態になり、エアー圧の調整は出来ないです。トリガーを少し引けばエアーが少しでて、多く引けばエアーが多く出る、という事はありません。

トリガータイプの方が指が疲れにくく、長時間の作業でも楽ですけど、繊細な迷彩塗装などはボタンタイプのダブルアクションの方がやり易いと思います。

ダブルアクションとトリガーアクション、どちらが良いかはそれぞれの好みだと思いますけど、ベタ塗り中心で迷彩塗装やグラデーション塗装をあまりしないのであれば、トリガータイプが便利かも知れないです。


●シングルアクション

シングルアクションは、ボタンを押すとエアーが出るのはダブルアクションと同じですが、塗料の噴出量は後ろのダイヤルを回して調整する必要があります。

なので、塗装しながら塗料の噴出量(吹き幅)を調整する事ができないんですよ。これは正直、かなり使いにくいです。

また、ボタンを押してない時でも、ダイヤルを回してニードルを引いた状態になると塗料が垂れてくるので、作業を中断する度に毎回ダイヤルを回してニードルを戻しておく必要があります。

塗装を終わってダイヤルを閉め忘れたりすると、塗料が垂れ続けてしまうし、かなりめんどくさいです。。

シングルアクションは初心者向きなどと紹介されてるのを時々見ますけど、操作は複雑で難しく、用途を限定して使う上級者向があえて選ぶなら良いと思いますけど、初心者が使う最初の1本には向いてないです。

シングルアクションは多少価格が安い以外は殆どメリットがないので、正直、買わない方が良いんじゃないかなと思います。



2. カップ一体型 or 分離型


塗料カップが本体と一体になっているタイプ(写真左)と、分離できるタイプ(写真右)がありますけど、基本的には一体型がオススメです。

と言うのも、分離型は掃除がめんどくさいです。


カップと本体の接続ネジ部分に塗料が残りやすいんですけど、ここに塗料が残ってると、次に塗る色に混ざってしまう場合があるんですよ。

特にメタリック色の後に通常色を塗ったりすると、メタリック色が混ざって「なんかキラキラしてるなあ・・」、なんて事になったりしますから。

そうならないためにも、このネジ部も筆や綿棒等を使って、念入りに掃除しておく必要があるのですが、これがけっこう面倒。。

あと、シンナーで”うがい”をして清掃するときも、分離型は一体型に比べてシンナーが飛び散りやすく、蓋をしておく(もしくはティッシュなどで塞いでおく)必要があるのもちょっと面倒です。


ただ、分離型は塗料カップを大容量タイプに変更出来るというメリットもあります。

左の写真は、タミヤのハンドピースですが、塗料カップを別売の樹脂製大容量カップに交換してみたところ。

塗料を多く必要とする大面積の塗装には、大容量カップに交換しておけば、塗料を継ぎ足すことなく一気に塗れて便利です。

分離型はサフやクリアー色専用などに使用して、通常使用には掃除の簡単な一体型が良いんじゃないかなと思います。

掃除が面倒だと、使うのがだんだん面倒になってきますからね・・。



3.ノズル口径


ノズル口径というのは、塗料が出てくる先端の穴の大きさの事で、色々とサイズがあり、最も基本的な大きさなのは0.3mmです。

右の写真の左側がノズル口径0.2mm、右側は0.5mmですが、穴の大きさが違うのが分かると思います。

口径が大きければそれだけ塗料の出る量も多くなるので、口径が大きいほど大面積の塗装に、小さければ細かい迷彩塗装に向いてます。

最初に1本買うなら、作るジャンルが色々でオールマイティに使いたい場合は口径0.3mmが良いと思いますけど、迷彩やグラデーション塗装をする予定がないなら口径0.5mmがオススメです!

0.5mmは塗料の排出量が多く、濃い目塗料を吹き付けられるので塗装時間が短縮出来るし、艶有り塗装をキレイに仕上げやすく、粒子の大きなサフや金属色も目詰まりしにくく、塗装しやすいです。

特にカーモデルなどの艶有り塗装は、0.5mmの方が随分簡単、キレイに塗装することができます。

欠点は細吹きが苦手な所ですが、迷彩やグラデーション塗装をしないなら、この欠点は殆ど関係ないですからメリットは大きいと思います。



4. 吸い上げ式 or ドロップ式


写真左が吸い上げ式、右がドロップ式。カップがハンドピースの上側についてるか下側についてるかの違いです。

写真左の吸い上げ式は安い入門モデルですが、ちゃんとしたダブルアクションタイプの吸い上げ式も発売されてます。

個人的にダブルアクションの吸い上げ式は使った事がないんですけど、ビンごと塗料を交換できるので、サフやクリアー専用など用途が決まってるなら結構便利なのかな、と言う気がしてます。

でも、清掃がめんどくさそうだったり、塗料が少量の場合使いにくそうな感じもするので、最初の一本はドロップ式が良いように思います。



5.キャップ形状の違い


左が円筒型、右が王冠型のニードルキャップです。

王冠型の方はハンドピースを近づけて塗装したときも、エアーを周囲に逃がして、塗料の跳ね返りを防ぐメリットがあるみたいなんですけど、個人的には違いが実感できません。。

それよりもハンドピースの洗浄方法の違いが、けっこう大きいと感じてます。

カップを洗浄する時に円筒型はキャップ先端を指で塞いでうがいをするんですけど、王冠型の方はキャップを緩めてうがいをするようになってます。

個人的にはどちらかというと、円筒型のキャップ先端を指で塞いでうがいをする方が、手間がかからず好みです。

王冠型でも馴れればそんなに不自由な感じはしないんですけど、この辺はそれぞれの好みだと思うので、好きな方を選ぶのが良いじゃないかなと思います。



6.どのハンドピースを買えば良い?

個人的に1本のハンドピースで色んな塗装をするのなら、ダブルアクションのカップ一体型、口径0.3mmのハンドピースが良いと思います。

ただし、車やバイクなど迷彩やグラデーション塗装をしないベタ塗り中心、艶有り模型中心に作るなら、口径は0.5mmがオススメ。

0.5mmは塗料の排出量が多く、濃い塗料を吹き付けられるので艶有り塗装をキレイに仕上げやすく、粒子の大きなサフや金属色も目詰まりしにくく、塗装しやすいんですね。

2本買うなら、個人的には0.5mmと0.2mmの2本を選ぶと思います。

迷彩塗装やグラデーション塗装は、0.3mmより0.2mmの方がずっと塗装しやすいですし、広い面積や艶有り塗装、サフや金属色は0.3mmより0.5mmの方が塗装しやすいですから。

でも1/35AFVや1/48飛行機の迷彩塗装なんかは、0.3mmの方がやりやすい感じもするし・・。ベストなのは0.2mm、0.3mm、0.5mmと1本づつ揃えるのが理想といえば理想なんですけどね。。

それぞれの口径で、個人的に良さそうなハンドピースをいくつか紹介してみたいと思います。


●口径0.5mmのハンドピース

0.5mmは、GSIクレオスの「プロコンBOY LWA /PS266」を買っておくけば、間違いないと思います。

全てにおいて使い勝手が良く、まさに口径0.5mmの決定版です!

カップ容量は15ccと大容量で、面積のある模型や多数のパーツを塗装するのに便利。

艶有り塗装をキレイに仕上げやすく、粒子の大きなサーフェイサーや金属色も、目詰まりせずにキレイに吹き付けられます。

カップ一体型で掃除もしやすく、ダブルアクションタイプで非常に使いやすいハンドピースです。

GSIクレオス 口径0.5mm プロコンBOY LWA /PS266 【amazon】

プロコンBOY LWA /PS266 【楽天価格比較ページ】



●口径0.3mmのハンドピース

口径0.3mmはタミヤの「 HG エアーブラシ 0.3mm カップ一体型/74537」(左の写真)、もしくはクレオスの「プロコンBOY WA/PS274」がスタンダードで使い勝手が良いと思います。

どちらもカップ一体型のダブルアクションですが、クレオスの方は先端キャップが「王冠型」で、タミヤは「円筒型」です。

それとタミヤの方はカップに横溝が掘ってあり、塗料が垂れにくくなってます。

HG エアーブラシ 0.3mm カップ一体型 【amazon】

タミヤ HG エアーブラシ 0.3mm カップ一体型 【楽天価格比較ページ】



●口径0.2mmのハンドピース

口径0.2mmは、タミヤの「HG スーパーファインエアーブラシ」が非常に使い勝手が良いです!

カップ一体型で、特に塗料カップ容量は3mlと小型軽量なので、取り回しやすく、先端が見やすいので細かい塗り分けがストレスなく塗装できます。

容量7ccの塗料カップだと、近づけて塗装する時にカップが邪魔で、ハンドピース先端が見にくいんですよね。小型の塗料カップは、近づけて塗装する事の多い細吹きには大きなメリットだと思います。

迷彩やグラデーション塗装は0.3mmでもそれなりに出来ますけど、0.2mmを使って見ると圧倒的にやりやすいので、細吹き用に1本持っておくと、塗装の幅がグッと広がると思いますよ。

タミヤ 0.2mm スーパーファインエアーブラシ 【amzon】

タミヤ 「0.2mm  HGスーパーファインエアーブラシ」 【楽天】



●その他のハンドピース


写真はタミヤ「スプレーワーク・ベーシックエアーブラシ」に付属してるハンドピースで、単体でも2500〜3000円程で購入できます。

エアーは常に出っぱなし状態で、トリガーではニードルの引き量だけを調整する仕組みになってます。

繊細な迷彩やグラデーション塗装はちょっと苦手ですけど、それ以外は何の問題もなく塗装出来るので、サフや金属色、クリアー専用に持っておくとけっこう便利かもしれません。

右は分解してみたところですが、Oリング等も簡単に交換できるようになってます。


ただし、このベーシックエアーブラシをタミヤのベーシックコンプレッサー以外に繋げる場合、「ベーシックエアーブラシ用接続ジョイント/74536」が必要になります。

ネジのピッチが一般のハンドピース接続用ホースのピッチと異なるので、接続ジョイントを取り付けないと、取り付けられないんです。

300〜400円程なので、ベーシックコンプレッサー以外に繋げる場合は、一緒に買っておくと良いですよ。

タミヤ ベーシックエアーブラシ&接続ジョイント 【amazon】

タミヤ 「ベーシックエアーブラシ」 【楽天価格比較ページ】





エアブラシ関連書籍


カンペキ塗装ガイド〈3〉エアブラシ完全攻略

カンペキ塗装ガイド ぷはプラモのプ (Dセレクション)

はじめてだってうまくいくガンプラ塗装の教科書

ノモ研 増補改訂版 (ホビージャパンMOOK 227)