プラモデル・模型の作り方を写真入りで1から解説!
車・バイク・飛行機・艦船・AFVなど、スケールモデルを中心にUPしてます。
TOP特集 Hot!完成品ギャラリー 制作日記 UP!組立・工作ポイント塗装ポイント情景・ジオラマ製作
工具・塗料・材料模型用語集模型ハウツー本 プラモ通販リンク集当サイトについて メール
TOP > 塗装ポイント > サスペンションの塗装

カーモデルのサスペンションをキレイに塗り分ける

スポンサード リンク
車プラモデル・サスペンション塗り分け方法
サスペンション部品の塗りわけ方法です。色々方法があると思いますが、1つの参考例としてみていただければと思います。

今回は下の写真のサーフェイサーを吹き終わった状態のサスペンション部品を、上の写真のように塗り分けて見ます。
車プラモデル・サスペンション塗り分け方法
サフは吹吹き付けなくても大丈夫だとは思いますが、一応念のために軽く吹いています。




車プラモデル・サスペンション塗り分け方法最初にスプリング(バネの部分)部分から塗装して行きます。エアブラシで塗装していますが、筆塗りでも問題ないです。

ただ、今回のやり方では使う塗料は必ずラッカー系の塗料を使います。
アクリルやエナメル系では、後で塗料をふき取る際に、一緒に色が落ちてしまいますので使用できないのです。
車プラモデル・サスペンション塗り分け方法車プラモデル・サスペンション塗り分け方法
スプリング部分の塗装が終わって塗料が乾燥したら、他に塗り分ける色があればその部分を塗装していきます。今回はシルバー色で塗り分ける部分があったので、スプリング部分をマスキングして塗り分けました。

塗り分ける部分がなければ、ここは飛ばして次に行きましょう。
車プラモデル・サスペンション塗り分け方法塗り分けが終わった状態です。






車プラモデル・サスペンション塗り分け方法次はレッドで塗装した上から、そのままエナメル塗料のセミグロスブラックを塗装して行きます。

ここで使う塗料は、エナメル系の塗料を使います

ッカー塗料で塗装すると、後でこのブラックをふき取る際にスプリング部分のレッドまで一緒に取れてしまうので、エナメル系の塗料で塗装します。

アクリル系の塗料も、ラッカー塗料を多少侵してしまうので、エナメル塗料がベストです。

スプリング部分のレッド色をマスキングする必要は特にないです。そのままレッドを覆い隠すように塗っていきましょう。
車プラモデル・サスペンション塗り分け方法車プラモデル・サスペンション塗り分け方法

セミグロスブラックで塗装したら、塗料が乾かないうちにティッシュなどで軽くスプリング部分の塗料を落としておきます。その方が後のふき取りが楽です。

その後ある程度塗料が乾いたら、綿棒等にエナメル溶剤を染み込ませて、スプリング部分に付いたブラックの塗料をキレイにふき取っていきます。

ある程度塗料が乾いてからふき取った方が、キレイにふき取れるような気がしますが、塗装後すぐにふき取っても問題ないです。

下地のレッドはラッカー塗料で塗装しているので、エナメル溶剤でブラックをふき取っても、下地のレッドは溶けたりしないので大丈夫です。
車プラモデル・サスペンション塗り分け方法スプリング部分のブラック色を拭き取ったら終了です。

スプリング部分を最後に筆で塗っていくよりも随分キレイに仕上がると思います!




今月号の模型誌&関連書籍


ノモ研 2 野本憲一モデリング研究所 プラモデルを作ろう