プラモデル・模型の作り方を写真入りで1から解説!
車・バイク・飛行機・艦船・AFVなど、スケールモデルを中心にUPしてます。
TOP特集 Hot!完成品ギャラリー 制作日記 UP!組立・工作ポイント塗装ポイント情景・ジオラマ製作
工具・塗料・材料模型用語集模型ハウツー本 プラモ通販リンク集当サイトについて メール
TOP > 塗装ポイント > デカールの段差を消し、ツヤ消しで仕上げる

デカールの段差を消す(つや消し仕上げ)

スポンサード リンク

飛行機模型や、AFVなど半ツヤ・つや消しで仕上げる場合のデカールの段差の消し方です。

上の写真はデカールを貼っただけの状態ですが、デカールが白っぽくなってる所は密着してなく、あまり良い状態ではありません。

つや消し塗装の上にデカールを貼ると、塗膜の微細な凹凸に空気が残り、デカールが密着しにくくなってしまい、こうなる場合があります。

この状態をシルバリングというのですが、そうならないように、デカールを貼る前にマークソフターを塗ったのですが、イマイチ防げなかったみたいです。

最終的には左の写真のように、デカールの段差を消していきましょう!

基本的にはこちらの通常の研ぎ出しと同じ感じで段差を消して、最後につや消し、または半ツヤのクリアーを塗装して仕上げれば完成です。

私が使ってるのはソフト99のクリアーです。

これを空き瓶などに移して、エアーブラシで吹きます。

これ以外でもラッカー系のクリアーなら何でもいいと思います。
アクリル系のクリアーでもいけるかもしれないですが、できればラッカー系の方がいいでしょう。
クリアーを吹き付けた状態です。

最初は乾かしぎみに、薄く何度か吹き付けて(砂吹き)デカールが痛まないように注意しておきます。

クリアーを吹き付けると、デカールの白く浮いていたようになっていた部分も、キレイになりました。

最終的につや消し、半つやで仕上げる場合でも、この段階では普通にクリアーを吹きつけて大丈夫です。ツヤが出てしまいますが、最後に調整します。
クリアーが乾いたら、ペーパーでクリアー層のみを削っていきましょう。

バイクモデルやカーモデルと違って、飛行機模型やAFVなどは、多少デカールまで削ってしまってもそこまで気にならない(かもしれない?)ので、個人的には結構気楽にペーパーがけできますね。
軽くペーパーを当てた状態です。
まだ段差があるのでもうちょっと削ってみます。

完全に段差を消してしまわなくても、そんなに目立たないと思うので、あんまりカンペキにしてしまわなくてもいいかもしれないです。

段差が消えました。

ここまでしておくと、あたかも普通にマークを塗装しているのように見えると思います。




そして、仕上げに半ツヤ、もしくはつや消しクリアーを吹き付けると完成です。
写真右のTOPコートなんかを全体に吹き付けておいてもいいと思います。
写真はつや有ですが、半つや、つや消しも発売されてます。
つや消しクリアーを吹き付けた状態です。
これで完成です!

これで、デカールの段差がキレイに消えていると思います。



他の部分も同じように段差を消していきます。
左がデカールを貼っただけの状態で、右が研ぎ出しで段差を消した状態。

こっちも同じです。



今月号の模型誌&関連書籍


零戦プラモデルの作り方 (えい文庫 184)

飛行機模型の作り方