プラモデル・模型の作り方を写真入りで1から解説!
車・バイク・飛行機・艦船・AFVなど、スケールモデルを中心にUPしてます。
TOP特集 Hot!完成品ギャラリー 制作日記 UP!組立・工作ポイント塗装ポイント情景・ジオラマ製作
工具・塗料・材料模型用語集模型ハウツー本 プラモ通販リンク集当サイトについて メール
TOP > 塗装ポイント > 研ぎ出し、鏡面塗装

カーモデルの研ぎ出し、鏡面仕上げ


カーモデルやバイク模型等の塗装面に、鏡面のような艶を出す「研ぎ出し」の工程を紹介してみたいと思います!

左の写真はデカールを貼り終わった状態ですけど、塗装面とデカールの段差が目立ってるし、塗装面も微妙な凹凸があってイマイチ艶が出てません・・。

これを、右の写真のようにデカールと塗装面の段差を消し、塗装面に鏡のような艶を出してあげるのが「研ぎ出し」です。

研ぎ出しすると、特にブラック色など暗い色は非常にキレイに仕上がるので、カーモデルやバイク模型ではチャレンジしてみる価値はあると思います!


研ぎ出しの行程を図で説明すると、図1が模型にデカールを貼った状態で、デカールの厚みが目立ってしまってます。

そこで、図2のように上からクリアーを塗装して、乾燥後に図3のようにペーパーでクリアー層のみを削って表面を均一にしてやると、光の反射が均一になってキレイな鏡面になってくれます。

一見、難しそうに感じるかも知れないですけど、下地を出さないように気を付けておけば、そこまで難しい事もないと思います。

研ぎ出しは今までいくつかの方法を試してきましたけど、

1.クリアー塗装 → 2.ペーパーがけ → 3.バフレックスで水研ぎ → 4.コンパウンドで艶出し

の行程で進むのが最も手間がかからず、キレイに仕上げられるように思うので、今回はこの行程での研ぎ出しを紹介してみたいと思います!



1.クリアー吹き

●使用するクリアー

研ぎ出しに使うクリアーは、「ラッカー系塗料」または「ウレタン塗料」のどちらかです。

水性アクリルは塗膜が弱いので研ぎ出しには向いてなく、エナメル系塗料は塗膜が柔らかすぎて完全にアウト。

個人的には、ラッカー系塗料の場合は実車用の「ソフト99ボデーペン クリアー」を使っています。

ボデーペンクリアーは乾燥時間が短く、乾燥後の塗膜も強いので研ぎ出しに向いてると思います。一度空き瓶に移してエアブラシで塗装してます。



ウレタンクリアーの場合は、フィニッシャーズの「GP1」、もしくは東邦化研工業の「エンジンウレタン」を使ってますが、「GP1」の方がキレイで深みのある艶を出しやすいように思います。

「エンジンウレタン」はちょっと塗膜が柔らかいのか、小傷がつきやすい気がしてます。

ラッカークリアー、ウレタンクリアーのどちらを使っても、研ぎ出し工程は同じです。今回はラッカークリアーを使って研ぎ出ししてみます。


●砂目吹き

左の写真はデカールを貼り終わった状態。

この上からクリアーを吹き付けていくわけですが、ラッカー・ウレタンどちらを使う場合でも、まずは最初にラッカー系クリアーを薄く何度か吹き付けていきます。

砂吹きという塗装方法ですが、これは「デカールのヒビ割れ防止」「デカールの密着性を高める」為に行います。

1つ目の「デカールのひび割れ防止」は、デカールの上にラッカークリアーを塗装すると、デカールを侵してしてしまい、デカールがヒビ割れてしまう事があるんです。

塗装後すぐは問題なさそうに見えても、塗装から3〜6ヶ月と時間をおいてからヒビ割れる場合もあります。

そこで特に最初は薄く、パーツとハンドピースの距離を離し気味にして、塗料がパーツに付くときには半乾きになってるぐらいの感じで、クリアーを吹き付けてラッカー塗料の膜を作ってやります。

そうすると、上からクリアー塗料を厚塗りしていっても、デカールへのダメージを最小限に抑えられ、ひび割れを防止することが出来ます。


2つめの「デカールの定着を上げる」というのは、ラッカークリアーはデカールを溶かしてしまうわけですけど、逆にあえて極軽くデカールを溶かす事でデカールの密着を高めてやることが出来ます。

完全に未着してないとクリアーを吹いた後、デカールに気泡が入ったり浮いてきたりする場合がありますから。

デカールがシルバリングを起こしてるような場合は、クリアーにリターダーを混ぜて乾燥を遅くしておくと、よりデカールに浸透して密着させることができ、シルバリングを直すことが出来ます。


ウレタンクリアーの場合はデカールを侵しにくいんですけど、デカールが完全に密着してないとデカールが浮いてきたり、シワになったりする場合があります。

なので、ウレタンを吹く場合でも最初にラッカークリアーで密着させておくと、デカールのトラブルもなくなると思います。

それでは、早速吹きつけていってみます。



まず最初は砂吹きから。ハンドピースとパーツとの距離を離し気味にして(15〜20cmぐらい)、薄く吹き付けたら10分程乾かして、また吹き付けては乾かしてを数回繰り返していきます。

写真右は3回ほど吹き付けた状態。塗装面がけっこうガサガサになりますけど大丈夫です。


数回吹きつけたら、その後は研ぎ出し時の厚みを確保するため、クリアーを厚塗りしていきます。

このときは、パーツとハンドピースとの距離を近め(3〜5cmぐらい)にして、塗装表面が濡れて艶がある状態になるよう吹き付けてます。

個人的に、ラッカー系クリアーを使う場合はソフト99の「ボデーペンクリアー」を使ってます。レベリングシンナーは使わず、通常の「Mr.カラーうすめ液」で薄めて吹きつけてます。

だいたい2回塗りを3セット、合計6回ほど塗り重ねて、1セット塗る毎に乾燥時間を1〜2時間ほど取ってます。

ウレタンを使う場合は、フィニッシャーズのGP1をシンナーで10%程薄めて3回程塗り重ねてます。ウレタンの場合は1回塗るごとに3〜5分程、表面が軽く乾く程度に乾燥させてます。


写真右は吹きつけ終わった状態。

クリアー塗装が終わったら、ウレタンクリアーの場合は2〜3日、ラッカー系クリアーは夏でも2週間、冬は3週間程は乾燥させておきましょう。
一ヶ月乾燥させれば、完全に乾燥してるはずです。

ラッカー系クリアーはここで時間を取って完全に乾燥させておかないと、せっかく艶出ししても塗料が微妙に引けて艶が落ちて来てしまいます。この乾燥時間の長さが、ラッカークリアーのやっかいな所なんですよね・・。

ウレタンの場合は長くても3日で完全乾燥するので、最近はウレタンしか使わなくなってしまいました。



2.ペーパーがけでデカールの段差を消す


クリアーを十分に乾燥させたら、ペーパーでデカールの段差や塗膜の細かな凹凸を削って平面にしていきましょう。

写真左は軽くペーパーを当てた状態ですけど、まだデカールとの段差や塗膜のみかん肌状態が消えていないので、写真右のように完全に平らになるまでペーパーを当てていきます。

個人的には、だいたい1000〜1200番のペーパーで塗膜の凹凸やデカールの段差を消してます。

1000番を使う場合、1000番で全ての段差を取ってしまわずに、ある程度段差を取ったら1200番へ移行して仕上げるようにしてます。

それと、個人的にはペーパーに水は付けず、そのまま空研ぎで使ってます。



●ペーパーの当て方


ペーパーは平面は普通に当てても(写真左)問題無いんですけど、問題は端や角の部分です。角は気を付けておかないと、すぐに下地が出してしまいますから・・

個人的にはパーツの端や角部分はペーパーを2つ折りにして、下側を少し湾曲させるように持ち(写真中)、それを斜めに動かすようにして平面を出していってます(写真右)。

こうすると、角の部分も下地を出しにくいかな、と言う感じがしてます。ただ、下地処理の段階で同じようにペーパーを当てて平面を出しておかないと下地が出てしまう可能性高いので、下地処理の段階でちゃんと平面を出しておく必要があります。



細い平面や湾曲して凹んでるような所はペーパーを細く折り曲げて使ったり、スポンジヤスリを使ってます。

特に曲面はスポンジヤスリが便利。普通のペーパーで曲面を磨いても滑らかな曲面を出しにくいですが、スポンジヤスリだとキレイな曲面を出すことが出来ます(写真右)。



奥まった段差はペーパーを曲げて磨いたり(写真左)、新しく弾力性のあるペーパーの角で磨いたり(写真中)、二つ折りにして強度を出して磨いたり(写真右)して、デカールの段差や塗装面の凹凸を消して行きましょう。



3.バフレックスで水研ぎ


完全にデカールの段差や塗膜の凹凸を解消できたら、仕上げにバフレックスで水研ぎしておきます。

バフレックスは実車用の、非常に目の細かいフィルム状のペーパーで、緑(2000番)、青(2500番)、黒(3000番)の3種類あります。

仮に2000番のペーパーで磨いてからコンパウドで艶出ししても、2000番のペーパーキズを取るのはかなり難しいんですけど、最終的にバフレックス(黒)で仕上げておけば、コンパウンドでの艶出し作業がすごく簡単で楽になります。

バフレックスは裏にシールが付いているので、適当な大きさにカットして、5mm程度の厚さのスポンジに貼り付けて使ってます。

バフレックスは空研ぎでも使えますけど、水研ぎの方が目詰まりしにくく、かなり長持ちして使えるので、水をつけながら使ってます。


1200番のペーパーでデカールの段差、塗膜の凹凸を消した場合、バフレックス2000番(緑)を一通り当てた後、バフレックス3000番(黒)で仕上げてます。

最初から黒で磨くと、若干キズが残ってしまう場合があるので念のため緑から磨いています。

1500番以上のペーパーでデカールの段差、塗膜の凹凸を消した場合は、最初からバフレックス黒でも問題無いです。



4.コンパウンドで艶出し


最後はコンパウンドでの艶出しです!
コンパウンドはタミヤの荒目、細目、仕上げ目の3種類を使ってます。

専用クロスも発売されていて、丁度コンパウンドの番手(キャップの色)と同じに色分けされて便利なので、コンパウンドとセットで使ってます。

適量を付けて磨き、コンパウンドのクリームがなくなったらまた付けて磨いて、と数回繰り返していきます。

荒目(赤いキャップ) → 細目(青いキャップ) → 仕上げ目(白いキャップ)と順を追って進めば、特に苦労することもなく艶がでてくれるはずです。



入り組んだ所などは綿棒を使うと、磨きやすいと思います。布だけだと磨いたつもりでも磨けてなかったりするので、全ての箇所を確実に磨いておきましょう。特に荒目は磨き残しがないよう、細部まで確実に磨いておきます。

荒目から細目、細目から仕上げ目とコンパウンドの種類を変える時は、前の工程で使ったコンパウドがが混ざらないよう、水で洗い流しておいた方が良いです。残ってると艶に影響が出て来てしまいますので。

歯ブラシなどを使って、奥まった部分やスジ彫り部、ビス穴に詰まったコンパウンドもキレイに取り除いておきます。



仕上げ目まで磨き終わり、パーツについたコンパウンドを中性洗剤を付けた歯ブラシなどで落としてやれば、研ぎ出しは終了です!

タミヤの仕上げ目までで十分艶は出ますけど、ブラック等暗い色の場合は、さらにハセガワのセラミックコンパウンド(10000〜12000番程度)で磨いておくとほぼ完璧にキズが消え、鏡面になります。

最後に塗装面の保護、ホコリの付着防止として好みでワックスなど塗って置いても良いと思います。

これで、研ぎ出し・鏡面仕上げは終了です!




今月号の模型誌&関連書籍


ノモ研 増補改訂版 (ホビージャパンMOOK 227)


ノモ研 2 野本憲一モデリング研究所 プラモデルを作ろう