プラモデル・模型の作り方を写真入りで1から解説!
車・バイク・飛行機・艦船・AFVなど、スケールモデルを中心にUPしてます。
TOP特集 Hot!完成品ギャラリー 制作日記 UP!組立・工作ポイント塗装ポイント情景・ジオラマ製作
工具・塗料・材料模型用語集模型ハウツー本 プラモ通販リンク集当サイトについて メール
TOP > 塗装ポイント > デカールの貼り方 〜基本編〜

プラモデルのデカール(スライドマーク)の貼り方

スポンサード リンク
プラモデル・デカールの貼り方
デカール」とは、水につけると台紙とマーク部分が分離し、薄い膜のようなマーク部分だけを貼り付けることができるシールです。「スライドマーク」とも言います。

このデカール貼り、破れたり、曲面でシワになったり、シワになったりと、プラモデルを作る際の一つの関門かもしれません・・。

でも、ちょっとしたコツを掴めば、たいがいはキレイに貼る事が出来ます!ここでは、デカールを貼るのに必要な道具や、実際の貼り方、トラブルの対処法など紹介してみたいと思います。



1.デカールを貼るのに必要な道具

個人的にデカールを貼るのに使っているのは、大体下記のような道具です。


上段は左から、デカール軟化剤の「Mr.マークソフター」、軟化剤+デカール糊の「Mr.マークセッター」、デカール用糊の「デカールフィクサー」、フィルム生成材の「リキッドデカールフィルム」。

他は水を入れておく小皿、デカールを切り取る為のハサミやデザインナイフ、デカールを貼る為のピンセット、水分を押し出す筆や綿棒、ティッシュなど。


「マークソフター(緑のキャップの方)」と「マークセッター(青いキャップの方)」の違いですが、マークソフターはデカールを柔らかくする軟化剤で、マークセッターはデカーの接着剤成分+弱めのデカール軟化剤が入ってます。

基本的に、マークソフターは曲面に馴染んでない所に部分的に使う物で、マークセッターはデカールを貼る前にパーツに塗り、デカール全体的に行き渡らせて使います。


「Mr.マークソフター」はデカールを軟化させる力が強いので、デカールによっては軟化しすぎてシワになったり破れたりして、使えなくなる場合もあります。

特にタミヤのデカールに使うと、あっという間に軟化しすぎて使い物にならなくなってしまう可能性が高いです。

反対に、マークソフターを塗っても全然軟化しないデカールもあったりするので、とりあえず、不要な部分のデカールに試しに塗って、様子をみてから使うのが確実だと思います。


「Mr.マークセッター」のデカール軟化効果は弱めで、塗装面の凹凸に馴染ませる程度の感じです。

糊成分がメインなので軟化しすぎてデカールがダメになる心配が少なく、大半のデカールに安心して使えます。

個人的には、デカールを貼る部分にはほぼ毎回、マークセッターを塗ってから、デカールを貼ってます。糊成分が沈殿しやすいので、使う前には必ず良く振ってから使いましょう。

それとソフター、セッター共にキャップの裏には筆が付いているので、手軽に使えますよ。


こちらの「デカールフィクサー」は軟化成分が全く入ってない、完全なデカール用の糊(接着剤)です。

古くて脆くなったデカールや、薄くてマークセッターでも軟化しすぎてしまうようなデカールの接着補強に便利です。

デカールフィクサーは個人的にはあまり使ってなく、使用頻度は低いですけど、たまに使うときにはあると便利です。

木工用ボンドを薄めた物でも代用できるみたいですけど、とりあえず持っておいて損はないと思います。



こちらのマイクロスケール社の「リキッドデカールフィルム」は、デカール保護膜剤(?)のような物。

リキッドデカールフィルムをデカールを水につける前に塗っておくと、デカールの余白みたいな、透明な薄い膜が出来て破れにくくなります。

使い方としては、デカールの上から筆で塗るだけでOK。乾燥が非常に早いので、大きめのデカールは幅広の筆で素早く、1度塗りで仕上げるのがポイント。一気に全面に塗るのではなく、デカール1つ1つに塗っていくとキレイに仕上げやすいです。

薄くて破れやすいデカールや古いデカールの破れ防止に非常に効果的で、曲面へも馴染ませやすくなります。殆ど必須アイテムと言っていいぐらい重宝してます。

脆いデカールも安心して貼れる「リキッドデカールフィルム」 【楽天】



筆と綿棒はデカールを貼った後、水分を押し出すのに使います。筆はコシの強いタイプが使いやすいです。

綿棒は普通のタイプと、あまり使う事はないかもしれませんが、先が尖ってる三角錐タイプもあると便利だと思います。

ピンセットは、先端が平らになってるタイプがデカールを傷つけにくく、扱いやすいです。写真は左がタミヤの「デカールピンセット」、右はタミヤの「精密ピンセット 先丸タイプ」。

特にタミヤの「デカールピンセット」は、デカール貼り専用なだけあって非常に貼りやすくオススメです。



2.デカールの貼り方

それでは、実際にデカールを貼ってみます。


デカールは、使う部分のマークだけをハサミやカッターで切り取って使います。薄くて脆そうなデカールの場合、最初にリキッドデカールフィルムを塗っておくと比較的安心して貼れますよ。



デカールを切り取ったら、台紙ごと水につけます。
数秒から十数秒くらい水に付けたら、容器の縁に移してさらに数十秒〜数分そのままにしておきましょう。

縁に移すのは、水に付けたままにしておくと糊が流れてしまう可能性があるためです。

デカールを触ってみて、台紙からスムーズに動かないようなら、スムーズに動くようになるまでそのままにしておきます。焦って動かすとデカールが破けてしまうので注意!



台紙からマークが簡単に動くようになったら、台紙ごと貼りたい位置まで持って行き、台紙からマークを滑らせるように貼っていきますが、個人的にはデカールを貼る部分に、マークセッターを塗ってから貼ってます。

必ずしも塗る必要は無いですけど、塗っておいた方がシルバリングの防止や接着力の強化になるので、基本的には塗ってから貼ってます。



デカールを貼ったら指やピンセット等で動かして、最終的な位置を決めていきます。

指で動かすとデカールが指にくっついてきたりするので、個人的には大きめのデカール以外はピンセット使って位置決めすることが多いです。スムーズに動く状態だと、ピンセットを使ってもデカールにキズが付くことはないので、大丈夫です。

デカールを動かしにくい場合は、デカールと塗装面の間に水を含ませてやと簡単に動かせるようになりますよ。



位置が決まったら、筆や綿棒で中心から端に向かって水分を押し出し、デカールを密着させていきましょう。

筆か綿棒かは好みの問題で、どちらでも良いと思います。個人的には大きめのデカールは筆、小さめは綿棒を使う事が多いです。

筆の水分はこまめに布やティッシュで拭き取り、何度か水を押し出して、水分が大方抜けたらOKです。多少水分が残ってても乾けばキレイに密着するので問題ないです。

綿棒を使う場合は軽く湿らせて(乾いているとデカールが小さい場合、綿棒にデカールがくっついてくる事があります)、回転させながら残った水分を押し出していきます。

平行に擦るように動かすとデカールが破けたり、伸びたりシワになったりする場合があるので、必ず回転させながら作業しましょう。



これで終了です!この後、クリアーをかけて研ぎ出し等する場合は、丸一日は乾燥させておいた方が安全です。



●小さなデカールの場合


小さなデカールの場合は、ピンセットでデカールを台紙から全部剥がして貼った方が、貼りすいです。

マークセッターは模型側ではなく、デカール裏面に直接塗ってから貼り付けてます。

あと、水分多し出す時にデカールが動いてしまいそうな場合は、水分は押し出さず、そのまま乾燥させてます。乾けばキレイに密着してくれるので、あまり神経質に水分を押し出す必要は無いと思います。


【 デカールの貼り方  もくじ】
1.キレイに貼る為の道具類、デカール貼り・ベーシック編
2.デカール貼り・立体曲面編 〜シワ無くキレイに貼るコツ〜
3.デカール貼りの疑問・トラブル「11例」を写真で解説



今月号の模型誌&関連書籍


ノモ研 増補改訂版 (ホビージャパンMOOK 227)

ノモ研 2 野本憲一モデリング研究所 プラモデルを作ろう