プラモデル・模型の作り方を写真入りで1から解説!
車・バイク・飛行機・艦船・AFVなど、スケールモデルを中心にUPしてます。
TOP特集 Hot!完成品ギャラリー 制作日記 UP!組立・工作ポイント塗装ポイント情景・ジオラマ製作
工具・塗料・材料模型用語集模型ハウツー本 プラモ通販リンク集当サイトについて メール
TOP > 塗装ポイント > ドライブラシ塗装

ドライブラシ塗装

スポンサード リンク
ドライブラシ塗装というのは、筆に付けた塗料をティッシュなどでふき取り、カサカサに乾燥させてプラモデル表面に薄くこすりつけるようにして着色する塗装方法です。

そうすると、プラモデルの凸部分を中心に塗料がうすく付いて、立体感や使い込まれた感じが表現できて、いい感じで仕上がってくるのです。

今回は、そのドライブラシ塗装を紹介してみたいと思います!


プラモデル ドライブラシプラモデル ドライブラシ
写真左はウォッシングまで終わった状態。

ここから、モールドに立体感を出すためにドライブラシをして、写真右のような感じに仕上げていってみましょう!

プラモデル ドライブラシプラモデル ドライブラシ
車体を塗装した色にホワイトを少し混ぜて、車体を塗装した色よりも明るい色を作ります。
車体をグリーンで塗装した場合はグリーンにホワイトを、グレーで塗装した場合はグレーにホワイトを混ぜる、といった感じです。
ホワイトを混ぜる割合は大体のところで、適当に混ぜてます。

必ずしもホワイトを混ぜて色を作らなくても、車体色より明るめの塗料を使ってもいいと思います。

塗料ができたら筆先に軽く付け、ティッシュ等で筆に付いた塗料をカサカサになるまでふき取ります。

この筆についた塗料は、かなりカサカサになるぐらいにふき取っておいた方がいいです。塗料が筆に残りすぎてると、失敗する可能性が高いです。

プラモデル ドライブラシ筆に付いた塗料を、ティッシュ等でカサカサになるまでふき取ったら、筆でプラモを叩くようにして塗装していきます。

凸モールド部分等に塗料が付いて、立体感がでてきます。

平面部分等もドライブラシしておくと、色味に変化がでてきて良いです。

プラモデル ドライブラシこれで、ドライブラシ終了です!

基本色に混ぜるホワイトの量を調整しながら、何段階かに分けてドライブラシして行くとなおリアルな表現が出来ると思います。


プラモデル ドライブラシプラモデル ドライブラシ
全体の感じです。
左がドライブラシ前、右はドライブラシ後です。

ドライブラシをやるとけっこう感じが変わってくるので、是非いろいろと試してみてください!



今月号の模型誌&関連書籍


カンペキ塗装ガイド ぷはプラモのプ (Dセレクション)

戦車模型の作り方