プラモデル・模型の作り方を写真入りで1から解説!
車・バイク・飛行機・艦船・AFVなど、スケールモデルを中心にUPしてます。
TOP特集 Hot!完成品ギャラリー 制作日記 UP!組立・工作ポイント塗装ポイント情景・ジオラマ製作
工具・塗料・材料模型用語集模型ハウツー本 プラモ通販リンク集当サイトについて メール
TOP > 組立・工作ポイント > メーターリングのディティールアップ

カーモデルのメーターリングをディティールアップ

スポンサード リンク
車のプラモデル、インパネディティールアップ
カーモデルのインパネ等によくある、エアコン吹き出し口やメーター回りのシルバー塗装部分を、ステンレス線を使って仕上げてみます。

塗装するよりキレイに仕上がってくれるし、ちょっとしたアクセントになって、なかなかイイ雰囲気が出てくれますよ。


今回使ったのは、直径0.3ミリのステンレス線です。
普通の針金だとあまり艶がなく見栄えがしないので、なるべく艶のある金属線がいいと思います。

まずは、はめ込む部分の直径より一回り小さめのドリルの刃など、何か適当な物を芯にして、ステンレス線を巻きつけていきます。



巻いたら芯からはずして、ニッパーなどでまとめてカットします。
カットする時は金属線用のニッパーを使わないと、刃が欠けてしまうので要注意です!



カットしたままだとリングがゆがんでいるので、ピンセット等で挟んでゆがみを直しておきましょう。


仮に置いてみたところ。

このまま接着してもいいんですけど、カットした部分の切れ目を半田付けして、キレイな円にして見たいと思います。

実際取り付けてみると、切れ目は殆ど気にならない程度ではあるんですけどね。


使用した半田ごては20Wタイプのもの、半田は太洋電機産業から発売されている特殊はんだ、「グット/goot ステンレス用クリームはんだ SD-46」です。

通常、ステンレスや真鍮線などを半田付けするためには、別途フラックスを使用する必要がありますが、このはんだ「SD-46」はフラックス入りで半田付けが手軽に出来ます。

クリーム状になっているはんだを少量塗り、半田ごてを当てるだけで簡単にステンレスや真鍮線などの半田付けが出来るので、かなり重宝してます。

goot ステンレス用クリームハンダ SD-46 【Amazon】

「ステンレス用クリームはんだ SD-46」の価格比較 【楽天】



リングは厚みのある強力両面テープなどに貼り付けて固定しておくと、作業がしやすいと思います。

半田付けの手順としては、クリーム半田を切れ目の部分に少量盛り付け、その後半田ごてを当てていきます。そうすると、キレイに半田が流れてくれます。

半田ごてを当てる際はリングをピンセットで挟み、切れ目を密着させておくと、キレイに半田付けしやすいと思います。



半田付け後は、ほぼつなぎ目がわからなくりました。
リングに残ったフラックスは取り除いて、半田がガタついてる場合等はカッターで削り落としたり、リューター等で均しておきましょう。

あとは接着です。
接着はいくつか方法がありますが、今回は瞬間接着剤を使って接着してみました。


インパネがセミグロスブラックなので、ウェーブから発売されている同色系の「黒い瞬間接着剤」を使ってみましたが、通常の瞬間接着剤でも問題ないです。

瞬間接着剤をマスキングテープ等の上に出し、それを伸ばしランナーの先端につけて、少量付けていきます。

通常の瞬間接着剤を使う場合、伸ばしランナーの先にゼリー状をつけた後に液状を付け、2つを混ぜると使いやすいかもしれません。



そして、リングをはめて接着。
なかなかいい感じで仕上がってくれました!



あとは、クリアーやインパネと同色のセミグロスブラック等、エナメル系塗料を多少薄めた物を筆で流しんでも、けっこうキレイに接着できます。

瞬間接着剤で付けたときにちょっと曇ったとか、はみ出して汚くなった場合なども、エナメル系のクリアーやインパネと同色の塗料を流し込むと、ある程度修正できると思います。

接着力はあまり強くはないですが、完成後に手で触れるところでもないので、エナメル塗料だけでも大丈夫だと思います。


これで完成です。

ちょっとしたアクセントになって、結構良い雰囲気になると思います!






今月号の模型誌&関連書籍


ノモ研 増補改訂版 (ホビージャパンMOOK 227)


ノモ研 2 野本憲一モデリング研究所 プラモデルを作ろう