プラモデル・模型の作り方を写真入りで1から解説!
車・バイク・飛行機・艦船・AFVなど、スケールモデルを中心にUPしてます。
TOP特集 Hot!完成品ギャラリー 制作日記 UP!組立・工作ポイント塗装ポイント情景・ジオラマ製作
工具・塗料・材料模型用語集模型ハウツー本 プラモ通販リンク集当サイトについて メール
TOP > 組立・工作ポイント > プラモデル部品の合わせ目の消し方

プラモデル部品、パーツの合わせ目の消し方

スポンサード リンク
プラモデル・部品の合わせ目の消し方
部品を接着した際に出来る、合わせ目を消していきましょう。

写真のように部品の形が単純で、接着後にペーパーで削れそうなところは、あえて接着剤を多く塗ってはみ出させます。

そして、完全に乾燥した後で、はみ出した接着剤を削って合わせ目を消すことが出来ます。

単純な平面部分等はパテを盛らなくても、接着材を多めに塗ってはみ出した分を削るだけで十分キレイになります。

プラモデル・部品の合わせ目の消し方まず最初に、デザインナイフ等で大まかに接着剤のはみ出た部分を削っていきましょう。

この時、部品までえぐり取ってしまわないよう、要注意です!

えぐり取って部品を凹ませてしまうと、パテをもって修正する必要が出てきてしまいますので、大まかにはみ出た部分だけ切り取っていきます。

プラモデル・部品の合わせ目の消し方その後、今度はカッターの刃を立てて、水平に動かして面を滑らかにしていきましょう。

ある程度滑らかになったらそれでOKです!



プラモデル・部品の合わせ目の消し方そして、仕上げにペーパーをかけて仕上げます。

個人的には、大体600ぐらいのものを最初に当てて、1200番ぐらいで仕上げてます。



プラモデル・部品の合わせ目の消し方プラモデル・部品の合わせ目の消し方
左が修正前、右側の写真が修正後です。
合わせ目が目立たず、キレイになりました!
プラモデル・部品の合わせ目の消し方複雑で、接着剤をはみ出させただけでは合わせ目が埋まらず、接着した部分に隙間があるようなところはパテを盛って修正しましょう。




プラモデル・部品の合わせ目の消し方プラモデル・部品の合わせ目の消し方
タミヤのラッカーパテを、ラッカーシンナーで薄めて使用します。
ある程度の量を薄めて、空き瓶などに入れて保管しておくと便利です。

(現在はラッカーパテはあまり使わず、殆どタミヤの光硬化パテを使ってます。)
プラモデル・部品の合わせ目の消し方プラモデル・部品の合わせ目の消し方
筆などを使って隙間にパテを塗っていきます。
この際、気泡が入らないよう注意しながら塗っていきましょう。

写真右は塗り終わりです。
丸2〜3日ぐらい乾かして、完全に乾いたらペーパーがけに移ります。

プラモデル・部品の合わせ目の消し方ラッカーパテは乾燥する際に収縮してしまうので、よく乾かしてからペーパーがけに移らないと、せっかくペーパーを当ててもヒケてしまったりするので要注意です。

パテが完全に乾いたら、ペーパーで余分なパテを削っていきましょう。

最初は400番ぐらいの目の粗いペーパーで大まかに削り、最終的には1000〜1500番辺りのペーパーでならしておくと十分だと思います。

プラモデル・部品の合わせ目の消し方これで修正終了です。
この後軽くサフェイサーを吹いて、キレイに修正できているかチェックします。

サフを吹くと、気泡やキズなどが簡単に見えるようになるので、もし気泡があるようなら、再度パテを盛ってペーパーがけして修正しておきましょう。

>>サーフェイサーの役割はこちらのページにUPしてます!




今月号の模型誌&関連書籍


ノモ研 増補改訂版 (ホビージャパンMOOK 227)


ノモ研 2 野本憲一モデリング研究所 プラモデルを作ろう