プラモデル・模型の作り方を写真入りで1から解説!
車・バイク・飛行機・艦船・AFVなど、スケールモデルを中心にUPしてます。
TOP特集 Hot!完成品ギャラリー 制作日記 UP!組立・工作ポイント塗装ポイント情景・ジオラマ製作
工具・塗料・材料模型用語集模型ハウツー本 プラモ通販リンク集当サイトについて メール
TOP > 工具・塗料・材料 > 材料・素材 > 耐水ペーパー

耐水ペーパー

写真のタミヤから発売されているフィニッシングペーパーは、要は耐水ペーパーの事で、プラモデル・模型の下地処理などに使います。

ペーパーの番号が小さいほどペーパーの目が粗くなり、大きいほど目が細かくなります。

パテを盛った後など、結構大きく削りたいときは400〜600番ぐらいの粗目のペーパーで削り、塗装後の研ぎ出しなど表面仕上げに使う際は1500〜2000番ぐらいの目の細かいペーパーを使うと良いと思います。

基本的には、水に付けながら作業した方が目詰まりしにくいですが、水を付けずにそのまま作業しても特に問題はないです。

タミヤからは、3数種類の目の粗さのペーパーがセットになったタイプと、同じ目の粗さのペーパーが複数枚入っているタイプが発売されています。

目詰まりしにくい「タミヤ フィニッシングペーパー」 【amazon】

「タミヤ フィニッシングペーパー」の価格比較ページ 【楽天】



今月号の模型誌&関連書籍


ノモ研 増補改訂版 (ホビージャパンMOOK 227)