プラモデル・模型の作り方を写真入りで1から解説!
車・バイク・飛行機・艦船・AFVなど、スケールモデルを中心にUPしてます。
TOP特集 Hot!完成品ギャラリー 制作日記 UP!組立・工作ポイント塗装ポイント情景・ジオラマ製作
工具・塗料・材料模型用語集模型ハウツー本 プラモ通販リンク集当サイトについて メール
TOP > 塗装ポイント > 研ぎ出し、鏡面塗装のやり方

下地塗装は大切です

スポンサード リンク
隠蔽力の低い明るい塗料を塗る場合、下地の色によって仕上がりが大きく変わってきてしまいます。

赤とか黄色とか、明るくて鮮やかな色は下の色を隠す力(隠蔽力)が弱く、下地がブラックやグレーだとキレイに発色してくれないんです。

そこで、どの程度下地の色が影響してくるのか、下地色がホワイト、ピンク、グレー、ブラックの4種類の上に、Mr.カラー「68 モンザレッド」を1〜4回塗装して、発色にどの程度影響があるか試してみました。


写真だとちょっとわかりにくいですが、下地色がホワイト、ピンクの2つはほぼ色合いが変わらず(1回塗りだと、白の方が若干色みが浅い感じ)、2回塗りの時が最も鮮やかに発色しているように思います。

4回まで塗り重ねていくと、少し暗く沈んだような赤になって鮮やかさが失われてきてしまってます。

逆にグレー、ブラックは回を重ねる程に赤みが増して行きますが、鮮やかな本来の赤に発色することはなく、暗く沈んだ色のままです。

赤を塗る場合は下地を白かピンクで塗装し、2〜3回塗りで仕上げるのが最も本来の色に近く発色してくれるんじゃないかなと思います。

それと、下地色が白の場合キレイな赤色に発色するんですが、回数を重ねる程に色味が変わってくるので、ムラが出ないように注意しておく必要があります。

下地がピンクだと色ムラが目立ちにくくなるので、赤色の塗装は下地をピンクに仕上げておいた方が、塗装が簡単になると思います。

赤以外でも、黄色などの薄く淡い色は下地の色が透けやすいので、とりあえず、明るい色は下地を白で仕上げておくようにするとキレイに塗装できます。

明るい色の場合、ホワイトサーフェイサーを使った場合はそのまま本塗装に移れますけど、グレーのサーフェイサーを使った場合は、「GX1 クールホワイト」など隠蔽力の高い白を塗ってから、本塗装に移ると良いです。

また、ホワイトサフやホワイト塗料で下地を作る場合でも、それぞれの塗料で隠蔽力も違うので、どの程度下地を隠せるかも試してみました。



● ホワイトサフ、各種ホワイト塗料の隠蔽力比較

ブラックの下地に各種ホワイトサフ&ホワイト塗料を1〜4回塗って、どの程度下地を隠せるか試してみました。

下の写真の上から順に、

●クレオス「ベースホワイト1000」
●タミヤ「ファインサーフェイサー ホワイト」
●クレオス「ホワイトサーフェイサー1000」
●クレオス「GX1 クールホワイト」
●クレオス Mrカラー「1 ホワイト」
●白いプラ板にMrカラー「1 ホワイト」を吹きつけた白見本

で試してみてます。

缶スプレーのサフは空き瓶に移し、全てエアブラシで吹きつけてます。
写真だと、色の感じが実際とはけっこう違ってるんですけど、参考までにご覧下さいませ。


結果として、この中で最も隠蔽力が高いのは、クレオス「GX1 クールホワイト」。GX1は隠蔽力の非常に高いホワイトとして発売されてる塗料ですが、3回塗った時点で殆ど下地のブラックを隠し切れてます。

ただ、4回塗った時点でも白見本と比べると若干暗く沈んだような発色で、下地の黒の影響を完全には取り除けていないみたいです。

次に隠蔽力の高いのは、タミヤ「ファインサーフェイサー ホワイト」とクレオス「ホワイトサーフェイサー1000」。若干タミヤのホワイトサフの方が隠蔽力が低い気もしますが、ほぼ同じ程度の隠蔽力です。

これも3回塗った時点でだいたい下地のブラックは隠せてますが、やはり白見本と比べると、4回塗っても若干暗く沈んだ白に仕上がってしまいます。

次がクレオスの「ベースホワイト1000」。これは3回塗った時点でも、ちょっと下地の黒をかくしきれてない感じ。4回塗りでも、上記3つの塗料より暗い感じです。

「ベースホワイト1000」を使うなら、「GX1 クールホワイト」を使った方がより確実に下地を隠せます。ベースホワイトの方はつや消しなので、この点でも塗装面が荒れてしまう分デメリットは大きいです。

今となっては、ベースホワイト1000を積極的に使う理由は、見当たらない気がします。

最後、最も隠蔽力の低いのはクレオス Mrカラー「1 ホワイト」。
これは普通の白塗料なのでしょうが無いですね。
4回塗っても下地の黒を隠しきれませんでした。他の隠蔽力の高いホワイト塗料やサフで、下地を白にしてから塗らないと使えないと思います。


【 表面処理 関連ページ 】
1.サーフェイサー「5つの効果・役割」
2.鏡面塗装のキモ「表面処理・下地処理」のポイント
3.明るく淡い色をキレイに塗る「下地塗装」 (このページです)
4.赤形成色の染み出し「ブリード」対策



今月号の模型誌&関連書籍


ノモ研 増補改訂版 (ホビージャパンMOOK 227)


ノモ研 2 野本憲一モデリング研究所 プラモデルを作ろう