プラモデル・模型の作り方を写真入りで1から解説!
車・バイク・飛行機・艦船・AFVなど、スケールモデルを中心にUPしてます。
TOP特集 Hot!完成品ギャラリー 制作日記 UP!組立・工作ポイント塗装ポイント情景・ジオラマ製作
工具・塗料・材料模型用語集模型ハウツー本 プラモ通販リンク集当サイトについて メール
TOP > 塗装ポイント > インパネの細かいスイッチの塗装

カーモデルのインパネ等、細かいスイッチの塗装

スポンサード リンク
プラモデル・模型
塗りにくい、細かいスイッチ類は切り落として、プラ棒を差し込んで塗装するとキレイに仕上がったりします。

今回は写真左下の部分を赤で塗装するのですが、付け根の部分が斜めになっていてマスキングしにくい上、他の部分はブラックなので、そのまま塗ると赤がキレイに発色しません。

サフを塗装してから塗る方法もあるかもしれませんが、大きさもちょっと大きく中途半端で、筆塗りで塗装すると多分汚くなってしまう感じがしました。

プラモデル・模型それで、ここは思い切ってスイッチ部分を切り取り、穴を開けてしまいましょう。

穴はピンバイスを使って、元のスイッチと同じぐらいの大きさの穴をあけてます。

この部分に赤で塗装したプラ棒を差し込み、スイッチを元通りにします。

プラモデル・模型プラ棒を差し込むとこんな感じになりました。

プラ棒は市販のものではなく、不要なランナーをろうそくで熱して、引き伸ばしたものを使ってます。



プラモデル・模型プラ棒には、元のスイッチにあったようにピンバイスで穴を開けておきました。





プラモデル・模型スイッチを赤で塗装して、差し込んだら完成です!

他の部分の小さなスイッチ類は、大きさも小さく、筆塗りでいけそうだったので面相筆を使って塗装してます。

そこそこ大きさのあるスイッチ類で、マスキングが難しそうであれば、思い切ってプラ棒に置き換えてみるのもいいかもしれません。

やっぱり全くはみ出さずにキレイに塗り分けられていると、随分印象が違ってくると思います。

状況によって使い分けると、キレイに仕上がってくると思います!




今月号の模型誌&関連書籍


ノモ研 2 野本憲一モデリング研究所 プラモデルを作ろう