プラモデル・模型の作り方を写真入りで1から解説!
車・バイク・飛行機・艦船・AFVなど、スケールモデルを中心にUPしてます。
TOP特集 Hot!完成品ギャラリー 制作日記 UP!組立・工作ポイント塗装ポイント情景・ジオラマ製作
工具・塗料・材料模型用語集模型ハウツー本 プラモ通販リンク集当サイトについて メール
TOP > 組立・工作ポイント > タイヤの凹みを再現する

飛行機プラモデルのタイヤにリアリティーを追加

スポンサード リンク
タミヤ飛行機プラモデル
飛行機プラモデル等のタイヤは普通に組み立てただけだと、キレイな円形になっています。

実際は機体の重みで、地面との接地部分が多少つぶれているので、それを再現してみましょう!

タミヤ飛行機プラモデルやり方はいたって簡単です。

タイヤの底をペーパーで少し削るだけです。

これは400番のペーパーの上を、完成した模型ごと動かしてタイヤの底を削ってみました。

あんまり強く力を入れて削ると、タイヤをとめてる部品が壊れるかもしれないので、やさしく削っていきましょう。

タイヤを機体に取り付ける前に、タイヤだけペーパーで削ってもいいかも知れないですが、なかなか接地面だけキレイに削るのは難しいような気もします。

400番ぐらい粗い目のペーパーだと結構簡単に削れていくので、調子に乗って削りすぎないよう、要注意です!

タミヤ飛行機プラモデル削ってみた状態です。

塗料が剥げて、平坦で白くなってるところが削れたところです。



タミヤ飛行機プラモデル完成後はこんな感じです。
接地面が増えて、多少重量感がでたかな?

削りすぎると変な感じになるので、軽く削っておくぐらいがいいかもしれないです。




今月号の模型誌&関連書籍


飛行機模型の作り方