プラモデル・模型の作り方を写真入りで1から解説!
車・バイク・飛行機・艦船・AFVなど、スケールモデルを中心にUPしてます。
TOP特集 Hot!完成品ギャラリー 制作日記 UP!組立・工作ポイント塗装ポイント情景・ジオラマ製作
工具・塗料・材料模型用語集模型ハウツー本 プラモ通販リンク集当サイトについて メール
TOP > 組立・工作ポイント > 消えた凸モールドの復元

プラモデル・模型に凸モールドを作る

スポンサード リンク
プラモデル・凸モールド再現
部品の合わせ目などをペーパーがけして消した際、一緒に凸モールドも消えてしまう事があります。

写真のようにモールドが消えてしまったままだと、完成後もちょっと目立つので、凸モールドを再現してみましょう。

プラモデル・凸モールド再現やり方は簡単です。

まずはカッターナイフで、消えてしまった凸モールド部分に切り込みを入れていきましょう。

こういう曲面部分は、刃を動かすより部品を回して切り込みをつけていった方が確実です。

切り込みはできるだけ1回で仕上げた方が無難です。
何度も往復させると、刃がずれた場合汚くなってしまうかもしれません。
プラモデル・凸モールド再現切込みを入れ終わった状態です。

この後、普通に塗装すると、切込みを入れた部分に塗料がのって、凸モールドのように見えます。



プラモデル・凸モールド再現塗料を塗り終わった状態です。

写真はちょっと汚くなってますが、切込みをできるだけ1回で、キレイにつけれれば、結構キレイに仕上がると思います。


プラモデル・凸モールド再現完成後はこんな感じ。

普通に観賞する分には、気にならないぐらいに出来上がると思います!





今月号の模型誌&関連書籍


モデルテクニクス〈1〉―私立出戻りモケイ学園副読本プラモデル編

ノモ研 増補改訂版 (ホビージャパンMOOK 227)