プラモデル・模型の作り方を写真入りで1から解説!
車・バイク・飛行機・艦船・AFVなど、スケールモデルを中心にUPしてます。
TOP特集 Hot!完成品ギャラリー 制作日記 UP!組立・工作ポイント塗装ポイント情景・ジオラマ製作
工具・塗料・材料模型用語集模型ハウツー本 プラモ通販リンク集当サイトについて メール
TOP > 塗装ポイント > プラモデルのスミ入れ塗装

プラモデル・模型のスミ入れ塗装方法

スポンサード リンク
プラモデル・模型のスミ入れ塗装
スジ彫りしてある部分などに黒色等の塗料を流し込んで、より立体感を持たせるように塗装することを『スミ入れ』といいます。

今回はカーモデルのスミ入れを写真に撮って見ました。

プラモデル・模型のスミ入れ塗装ブラックだけだと、なんとなく暗すぎる感じがするので、ジャーマングレイに少しブラックを混ぜてみました。

使う塗料は、塗料のノビ、失敗したときの拭き取りを考えるとエナメル系の塗料が良いと思います。
溶剤で5〜6倍ぐらいに薄めておきましょう。

それと下地はラッカー系で塗装しておいた方が良いです。下地にアクリルを使うと、エナメルをふき取る際にアクリルの塗膜を多少侵してしまいますので。

プラモデル・模型のスミ入れ塗装面相筆などに塗料を少量つけて、スジ彫り部の凹んでいるところに筆を当てると、毛細管現象で塗料が流れていくと思います。

ある程度流れたら、筆の場所を移して全体的に塗料を流し込んで行きましょう。

プラモデル・模型のスミ入れ塗装スジ彫り部分に塗料が流れたら、筆を当てた部分など、塗料がはみ出しているところを綿棒などで拭き取っていきます。

塗料が乾いていたら綿棒に溶剤をしみこませて拭き取ると、キレイに拭き取れると思います。

プラモデル・模型のスミ入れ塗装プラモデル・スミ入れ塗装
はみ出した塗料を拭き取ったら、完成です!
写真左がスミ入れ前、右がスミ入れ後です。

ただ、個人的にはカーモデルなどへのスミ入れはあまりやってません。
ケースにもよるのですが、なんとなくおもちゃっぽくなるような気がするんですよね・・・この辺は好みの問題かもしれないですけど。

やり方によっては引き締まってくるので、色々と試してみるとよさそうです。

プラモデル・模型のスミ入れ塗装失敗した場合や、思っていた感じと違った、という場合は、エナメル溶剤を筆などに含ませて簡単に落とすことができます。

下地をラッカー系塗料で塗装していれば、塗装面を侵すことなく、キレイに拭き取れます。

プラモデル・模型のスミ入れ塗装こちらはスミ入れしたい部分が、連続してつながっていない場合や、スジ彫りの凹部が浅く、塗料が上手く流れないような場合のスミ入れ方法です。




プラモデル・模型のスミ入れ塗装色は3色ほど混ぜ合わせて適当に作りました。

適当に好みの色になるように混ぜ合わせて色を作ります。面倒であれば単色でも問題ないです。

塗料はやはりエナメル系塗料が良いです。溶剤でう5〜6倍に薄めておきましょう。
プラモデル・模型のスミ入れ塗装スミ入れしたい部分を、筆で描くようにして塗っていきましょう。

ウォッシング効果もつけたい場合は、多少広めに塗っていくといいです。


プラモデル・模型のスミ入れ塗装スミ入れする部分を塗り終わった状態です。






プラモデル・模型のスミ入れ塗装拭き取る面積が大きいので、ティッシュ等で全体的に拭き取っていきましょう。

ただ、こうやって拭き取ると、スミ入れではなく、ウォッシングに近いような?気もしますね・・・

ひょっとしてあまり良い拭き取り方ではないのかもしれないですが、綿棒でちまちま拭き取るのも面倒なので・・
プラモデル・模型のスミ入れ塗装プラモデル・スミ入れ塗装
左はスミ入れ前、右はスミ入れ後です。



今月号の模型誌&関連書籍


プラモデルSTEP UPテクニックガイド

ノモ研 増補改訂版 (ホビージャパンMOOK 227)