プラモデル・模型の作り方を写真入りで1から解説!
車・バイク・飛行機・艦船・AFVなど、スケールモデルを中心にUPしてます。
TOP特集 Hot!完成品ギャラリー 制作日記 UP!組立・工作ポイント塗装ポイント情景・ジオラマ製作
工具・塗料・材料模型用語集模型ハウツー本 プラモ通販リンク集当サイトについて メール
TOP > 組立・工作ポイント > バイク模型タイヤのパーティングラインを消す

バイク模型ゴムタイヤのパーティングラインを消す

スポンサード リンク
タミヤ・バイクプラモデルタイヤ
バイクプラモデルに入っているゴムタイヤですが、キットに入っている最初の状態がこんな感じです。

タイヤの中心部に、ぐるっと一周パーティングラインが残ってます。

このパーティングラインを消して、走行後の走りこんだ感じを再現してみましょう。

タミヤ・バイクプラモデルタイヤ作業は非常に簡単で、600番ぐらいのペーパーで表面を全体的に削っていくだけです。

ルーター等のモーターツールがあれば、ペーパーコーン(紙やすり)を取り付けて表面を削っていくと早いです。

大体600番前後のペーパーが良いような気がしてますが、番手はお好みで。
タミヤ・バイクプラモデルタイヤペーパーを当て終わった状態です。
これで終了です!

パーティングラインもキレイに消えて、走りこんだ感じのタイヤが再現出来たと思います。




今月号の模型誌&関連書籍


ノモ研 2 野本憲一モデリング研究所 プラモデルを作ろう