プラモデル・模型の作り方を写真入りで1から解説!
車・バイク・飛行機・艦船・AFVなど、スケールモデルを中心にUPしてます。
TOP特集 Hot!完成品ギャラリー 制作日記 UP!組立・工作ポイント塗装ポイント情景・ジオラマ製作
工具・塗料・材料模型用語集模型ハウツー本 プラモ通販リンク集当サイトについて メール
TOP > 塗装ポイント > ウィンドウ部品のマスキング方法

カーモデルのウィンドウ黒塗装マスキング・塗り分け

スポンサード リンク

カーモデルの透明ウィンドウ外周は、セミグロスブラックで塗るケースが多いですよね。

ここは完成後もけっこう目立ってくるので、塗料が滲んだりすると、ちょっと残念な作品になってしまいますが、逆にバッチリ塗り分けられるとそれだけで完成度も高まります!

コツは、マスキングテープの縁をしっかり密着させておく事と、エアブラシで薄く乾かしながら塗装することです。

このページでは、専用のウィンドマスキングシートがある場合と、無い場合のマスキングのコツなど紹介してみたいと思います。


● マスキングテープにウィンドウの型を写す


まずは、外周に段差のある場合。色々方法があると思いますが、型を取って1枚でマスキングする方法です。

まず、マスキングテープをウィンドウに貼り付けて、シャーペンで型を取ります。




型を取ったマスキングテープを一度剥がしてカッティングマットに貼り、線に沿ってカッターで切り取ったら、ウィンドに貼って完成です。

・・が、これだとどうしても若干のズレが出て来てしまうので、フリーハンドでカットした小さなテープを貼っていった方が良いかもしれないです。


● 小さく切ったマスキングテープを貼る

型を取って1枚でマスキングするのではなく、外周の形に合わせて小さくカットしたマスキングテープを貼り合わせてマスキングしてみます。


直線部分は細切りのテープを貼って合わせていき、曲線部分は大体の形に切り取ったテープを何枚か貼ってマスキングしていきます。

曲線部分はフリーハンドではなく、シャーペンで型を取ってカットしても良いと思います。



外周を全部貼り終わってから内側をマスキングして、エアブラシで塗装。

筆塗りではどうしても塗料が滲んでしまいがちなので、エアブラシで薄く乾かしながら、塗料がマスキング内に入り込まないよう内側から外側に向かって吹き付けていきます。



これで、完成です。

マスキングテープを剥がす時は、角の方を最初にカッター等で少し浮き上がらせて、ピンセットで摘むと剥がしやすいと思います。



● 段差がないウィンドウの場合


外周に段差がない場合は、部分的に合わせながら小さなマスキングテープを貼っていくのが、おそらくベストだと思います。

型を取って1枚で貼る場合は、裏からトレーシングペーパーを当ててシャーペンで塗り分けラインをなぞっていきます。



そして、カッティングマットの上に貼ったマスキングテープの上に、トレーシングペーパーを貼ってから、トレーシングペーパーのラインに沿ってカッターでテープをカットして、貼り付けます。



ただ、やっぱりどうしても部分的に合わない所も出てくるので、そういう所は改めて細切りにしたテープなどを貼って、修正しておきます。

あとは、エアブラシで塗装すれば完成です。



● ウィンドウマスクシールの貼り方


最近のタミヤのキットには、ウィンドマスキングシールという、あらかじめ窓部品に合わせてカットされたマスキングテープが付属してます。

これは非常に便利なアイテムで、カーモデル塗装の難所(?)でもある、ウィンドウ部品のマスキングが簡単に出来てしまいます!

このウィンドウマスクシールを、貼っていきましょう。



シールは端の方をカッター等で軽くめくって、ピンセットでつまんで貼ると、やりやすいと思います。

ウィンドウマスクシールは所々完全にカットされておらず、若干つながってる部分もあったりするので、めくって引っかかる場合は無理して剥がさず、カッターで切り離して剥がしましょう。

それと、このマスキングシールは意外と粘着力が強いので、一度貼ったら貼り直しは難しいです。



ある程度大きさのあるものは、台紙から剥がすと丸まったりするので、手でまっすぐ伸ばしておきます。

位置決めがこのマスキングシートの成功のポイントなので、慎重に合わせていきましょう。

フロントやリア等、大きさのあるシールは台紙から全部剥がしてしまわず、台紙の一部だけ剥がして位置決めした方が貼りやすいと思います。



その場合は、マスキングシールに印刷されてる緑の線上でカットして、マスキングシール周辺のテープを剥がします。



そして、台紙の一部を剥がして切り取ります。この状態で位置決めして貼り付けていきましょう。



位置が決まったら残りの台紙部分を剥がして、真ん中から外側に向かうように貼り付けていくと、シワになりにくくキレイに貼れると思います。



今月号の模型誌&関連書籍


ノモ研 2 野本憲一モデリング研究所 プラモデルを作ろう