プラモデル・模型の作り方を写真入りで1から解説!
車・バイク・飛行機・艦船・AFVなど、スケールモデルを中心にUPしてます。
TOP特集 Hot!完成品ギャラリー 制作日記 UP!組立・工作ポイント塗装ポイント情景・ジオラマ製作
工具・塗料・材料模型用語集模型ハウツー本 プラモ通販リンク集当サイトについて メール
TOP > 塗装ポイント > マフラーの焼けを塗装で再現

バイクプラモデルのマフラーの焼けを塗装で再現

スポンサード リンク
バイクプラモデルのマフラーに焼けを再現
マフラーの焼けた変色を再現すると、数段リアルに見えます。

シルバーで塗装する場合、下地にブラックを塗っておくとよりキレイに発色するため、あらかじめ艶ありのブラックで塗装しておきます。

バイクプラモデルのマフラーに焼けを再現使うシルバー塗料はGSIクレオスから発売されているメッキシルバーを使います。

ナノサイズの超微粒子金属粉顔料を使用してあり、メッキのような輝きを手軽に再現できます。

ただ、価格が専用溶剤とセットで1000円と若干高めなのが難点でしょうか。

この塗料はエアブラシ専用で、かなり粘土が低く、サラサラしてますので、筆塗りではちょっと使えないと思います。
バイクプラモデルのマフラーに焼けを再現バイクプラモデルのマフラーに焼けを再現
メッキシルバーをエアブラシで塗装していきます。
ポイントは、シルバーで完全にブラックが隠れるまで塗装するのではなく、少しブラックが残るぐらいに塗装すると、プラスチックとは思えない、なんともいえない金属感が表現できます。
バイクプラモデルのマフラーに焼けを再現バイクプラモデルのマフラーに焼けを再現
シルバーが乾いたら、その上からアクリルかエナメル系のクリアーオレンジをエアブラシ吹き付けます。

最初にラッカー系の塗料で塗装しているので、アクリル、もしくはエナメル塗料を使います。同じラッカー塗料で塗ってしまうと、下のシルバーが溶け出して汚くなるからです。

今回はタミヤのアクリル塗料、X-26クリアーオレンジを使いました。

部分的に吹き付けていくので、こういった塗装はエアブラシがないとちょっと厳しいかもしれません。

筆塗りでもできない事はないですが、なかなか自然な感じに仕上げるのは難しいかと思います。
バイクプラモデルのマフラーに焼けを再現バイクプラモデルのマフラーに焼けを再現
さらにクリアーブルーで青く焼けた部分を塗装していきましょう。
バイクプラモデルのマフラーに焼けを再現バイクプラモデルのマフラーに焼けを再現
ちょっと単調な感じがしたので、最後にクリアーレッドを所々に吹いてみました。

この辺の色加減は、色々と試してみながらやっていくと、もっといい感じで金属感が再現できるかと思います。

実車のマフラーの焼けた感じを研究するのが一番良いかと思います。

バイクプラモデルのマフラーに焼けを再現バイクプラモデルのマフラーに焼けを再現
左はシルバー塗装まで、右は焼けを再現した物です。
そんなに手間がかからない割りに、随分リアル感でますので、かなりオススメです!



今月号の模型誌&関連書籍


カンペキ塗装ガイド ぷはプラモのプ (Dセレクション)


カンペキ塗装ガイド〈3〉エアブラシ完全攻略 (電撃ホビーマガジンHOW TOシリーズ)