プラモデル・模型の作り方を写真入りで1から解説!
車・バイク・飛行機・艦船・AFVなど、スケールモデルを中心にUPしてます。
TOP特集 Hot!完成品ギャラリー 制作日記 UP!組立・工作ポイント塗装ポイント情景・ジオラマ製作
工具・塗料・材料模型用語集模型ハウツー本 プラモ通販リンク集当サイトについて メール
TOP > 塗装ポイント > ブリード対策

ブリード対策

スポンサード リンク
ブリードというのは、パーツ成型色がレッドやイエローの場合で(青や緑の場合も有り)、染料で着色されている場合、染料成分が塗装面に浮き上がってくる現象のことです。

このブリード、すごくやっかいで怖いです・・

下の写真はキット形成色が赤で、ピンクサフ → レッドで本塗装 → デカール貼り → ラッカークリアー塗装と進みましたが、形成色の赤い染料がクリアー層にまで染み出して、デカールを黄色く変色させてしまいまいた。(変色は右のパーツのみ)

基本的に赤形成色の上に赤の塗料を塗るような場合、染み出しがあっても目立たないんですけど、このケースはデカールが白だったので目立ってしまったみたいです。

ただ、レッドやイエローでも、染料ではなく顔料で着色されているパーツであれば、ブリードは起こらないです。

見分け方としては、ランナーをラッカー系シンナーに30分程浸してみて、シンナーに着色があればブリードの可能性がある、と思って間違いないです。



上の写真はランナーを短く切って、ラッカー系シンナーに30ほど浸した状態。グレーのランナーは透明なままですけど、レッドとイエローのランナーは染料が溶け出して、完全に着色してしまってます。

塗料にはシンナーが入っているので、塗装することでパーツの染料が塗装面まで上がってきて、着色してしまうんです。

ブリードの対策としては、粒子の細かいシルバーを塗装して金属膜を作っておくと、そこそこ防ぐことが出来ます。クレオスの「8 シルバー」は金属粒子が非常に細かく、ブリード対策に効果的です。

シルバー単独で塗るほか、サーフェイサーにシルバーを混ぜて塗っても、そこそこ効果あります。

キット形成色が赤や黄色で、形成色と違う色で塗装する場合は、念のため一度シルバーを吹いておくと良いと思います。



●蛍光色のデカールへの染み出し対策

また、この色の染み出しは蛍光色など、染料を使った塗料でも同じように起きる可能性があります。

写真左は「アサヒペン 蛍光レッド」の上にデカールを貼り、クリアーを塗装したものですが、蛍光色がクリアー層にまで染み出してしまい、デカールを染めてしまってます。

元々は白いデカールだったんですけど、完全なピンク色になってしまいました ToT

このデカールへの染み出しを防ぐには、上に吹くクリアー塗料をラッカー系ではなくウレタン原液吹きにすると、下地の蛍光色を侵しにくいのでブリードしにくくなります。

左の写真は、プラ板にアサヒペンの蛍光レッドを塗装した上に白色のデカールを貼り、左側はラッカー系クリアー(ソフト99ボデーペン)を、右側はウレタンクリアー原液(フィニッシャーズGP1)を塗装してみた状態です。

ラッカークリアーの方は慎重に砂吹きを5回ほど行ったにも関わらず、デカールがピンク色に染まってますが、右側のウレタンクリアー原液を吹きつけた方は多少染み出しはあるもののかなり白さを保ってます。

ウレタン原液だとシンナーが含まれてないので下地を侵しにくく、結果として染み出しもあまり無いんだと思います。

今現在クレオスから発売されているの蛍光色に関しては、蛍光染料をマイクロカプセルに封入した特殊な構造で、殆ど染み出しが無いみたいです。

メーカーによって違って来るので何とも言えませんけど、とりあえずクリアーはウレタンを使った方が安全だと思います。

デカールを貼りっぱなしで終えたり、水性クリアーを吹く場合は染み出しは気にしなくてもOKなんですけどね。


【 表面処理 関連ページ 】
1.サーフェイサー「5つの効果・役割」
2.鏡面塗装のキモ「表面処理・下地処理」のポイント
3.明るく淡い色をキレイに塗る「下地塗装」
4.赤形成色の染み出し「ブリード」対策 (このページです)



今月号の模型誌&関連書籍


ノモ研 増補改訂版 (ホビージャパンMOOK 227)


ノモ研 2 野本憲一モデリング研究所 プラモデルを作ろう