プラモデル・模型の作り方を写真入りで1から解説!
車・バイク・飛行機・艦船・AFVなど、スケールモデルを中心にUPしてます。
TOP特集 Hot!完成品ギャラリー 制作日記 UP!組立・工作ポイント塗装ポイント情景・ジオラマ製作
工具・塗料・材料模型用語集模型ハウツー本 プラモ通販リンク集当サイトについて メール
TOP > プラモデル製作日記 > アオシマ 1/700 駆逐艦 冬月(ふゆづき)

アオシマ 1/700 駆逐艦 冬月(ふゆづき)製作記

ポインタがに変わる写真は、クリックすると拡大します。

スポンサード リンク

今回製作したのは、アオシマから発売されている駆逐艦「冬月」。

前回作った駆逐艦 磯風と同じく、菊水作戦BOXに入っていたキットです。
「秋月型」の駆逐艦で、このタイプは初めて作ります。



中身は特に変わった所は無く一般的なウォーターラインシリーズといった感じ。

まずは艦首側面の凹みが大きかったので、パテ埋めしておきます。
そして、海面プレートへボルトで固定できるよう工作しておきました。



側面は細切りにしたマスキングテープを貼って、サーフェイサーを吹いて船体のつなぎ目を再現しておきます。

ホーサーリールやラッタルはエッチングに置き換え。
この時点ではまだラッタルは固定してません。



爆雷装填台もエッチングに置き換えて、船体側面にはエッチングの船外電路を取り付けていきます。



そして、箱絵を参考に舷窓を再現してみます。
バインダーで等間隔に印をつけ、ピンバイスで穴を開けて再現しておきました。

その後リノリウム色を塗装し、伸ばしランナーでリノリウム押さえを再現。



リノリウム部分にマスキングをしたら、船体全周にエッチング手摺を取り付けていきます。

艦橋部分は窓をエッチングに置き換え。
窓部分はライオンロアのラッタルを使ってます。



艦橋部分や、船体後部の構造物には水密扉を追加。
いくつかはピンバイスで開口して、扉が開いた状態にしてみました。



船体塗装後、水密扉部分は慎重にマスキングテープを剥がします。
扉を支えてる2本のヒンジ部分はすごく脆いので、変に力が加わると簡単に取れてしまいますから・・

マスト上部は真鍮線で自作、レーダーもエッチングに置き換えてます。
この後は、全体にウォッシングをして、サビ汚れなどを多少追加。



今回は、フィギュアも配置してみました。
甲板後部には、木材やロープなども配置。木材は割り箸を小さく削った物、ロープはフラグシップの極細銅線をよじった物で作ってみました。



あと、箱絵を参考に主砲後部に空中線を貼るためにT字型の支柱を真鍮線をハンダ付けして作り、追加しておきました。



内火艇はエッチングメッシュで帆の骨組みを作って、ティッシュで帆を再現してみましたけど、イマイチだったかも。。

あとは、空中線や細かい部品を取り付けて完成です。


こちらのページに冬月の完成品写真をUPしてます。


今回作った模型はこちらです。
1/700 ウォーターライン 駆逐艦 冬月 【amazon】

1/700 アオシマ 駆逐艦 冬月 【楽天価格比較ページ】



今月号の模型誌&関連書籍


1/700艦船模型の作り方 ベーシック編―Takumi明春の1/700艦船模型“至福への道”其之参