プラモデル・模型の作り方を写真入りで1から解説!
車・バイク・飛行機・艦船・AFVなど、スケールモデルを中心にUPしてます。
TOP特集 Hot!完成品ギャラリー 制作日記 UP!組立・工作ポイント塗装ポイント情景・ジオラマ製作
工具・塗料・材料模型用語集模型ハウツー本 プラモ通販リンク集当サイトについて メール
TOP > プラモデル製作日記 > タミヤ 1/700 軽巡洋艦 矢矧(やはぎ)

タミヤ 1/700 軽巡洋艦 矢矧(やはぎ)の製作記

ポインタがに変わる写真は、クリックすると拡大します。

スポンサード リンク

今回作ったのは、タミヤ模型から発売されているウォーターラインシリーズNo.315、軽巡洋艦「矢矧」。

発売が1972年みたいですが、今のキットと比べても遜色ない素晴らしい出来!

今回がウォーターライン3作目ですが、今回もそこそこディティールアップして組みたてて行きます!



こちらがキットの中身。共通の兵装パーツも付いてます。

まずは艦底パーツ内部に、完成後に海面プレートにボルトで止められるよう、ナットを取り付けておきます。

それから船体パーツと艦底パーツを接着して、合わせ目をデザインナイフで削ってならしておきました。



その後、海面プレートに船体をネジで固定してKATOのウォーターエフェクトで波を再現。

今回は、艦首部分のアンカーチェーンをフラグシップの極細金属チェーンに置き換えてみました。



ホーサーリールはエッチングに置き換え、昇降口や水密扉もエッチングに置き換えておきました。



その後、リノリウム部分を主にレッドブラウンで調色した塗料で塗装。

リノリウム色が乾いたら、ダークイエロー色の伸ばしランナーでリノリウム押さえを再現して、船体外周にライオンロアのエッチング手摺を取り付けておきました。



上部構造物にもエッチング手摺を取り付け、艦橋窓はファインモールドの汎用メタルメッシュ(AE-07)を使ってエッチングに置き換えてます。



航空軌条もプラスチック部分を削りとり、エッチングに置き換え。



船体外周のエッチング手摺の取り付けが終わったら、リノリウム色部分をマスキングしておきます。
その後エッチングのボートダビットを取り付けておきました。



マスト部分はプラスチック部品をそのまま使うことにしましたが、支柱部分をエバーグリーンのプラ棒&伸ばしランナーで追加してみました。

13号、21号電波探信儀、ループアンテナ等もエッチングに置き換え。



煙突は開口して内部をプラ板で作り、上部の格子をフラグシップの0.14mm極細銅線で作成。

煙突外周のジャッキステーはエッチング手摺を半分にカットした物を使って再現してみました。



艦首の旗竿は0.3mm真鍮線と伸ばしランナーでディティールアップ。
内火艇もそれぞれディティールアップしておきました。



船体をクレオスの「呉海軍工廠色」で塗装後、リノリウム部分のマスキングテープを剥がします。
そして、船体上部をマスキングして艦底色を塗装。



その後レッドブラウン+ブラックを薄めた塗料で船体をウォッシング。
塗料はかなり薄めて、塗りっぱなしで済ませてます。

艦載機もキャノピーはファインモールドの汎用メタルメッシュ(AE-18)に置き換え、エッチングプロペラを追加しておきました。



そして金属線で空中線を張って、その後碍子を瞬間接着剤で再現



これで完成です!

1/700ウォーターラインシリーズはエッチングパーツでディティールアップしてやると、俄然見栄えが良くなりますね。
いずれ徹底的にディティールアップした艦を作ってみたいです。

こちらのページに矢矧の完成品写真をUPしてます!


今回作った模型はこちらです。
1/700 タミヤ 軽巡洋艦 矢矧(やはぎ) 【amazon】

1/700 タミヤ 軽巡洋艦 矢矧 【楽天価格比較ページ】



今月号の模型誌&関連書籍


1/700艦船模型の作り方 ベーシック編―Takumi明春の1/700艦船模型“至福への道”其之参