プラモデル・模型の作り方を写真入りで1から解説!
車・バイク・飛行機・艦船・AFVなど、スケールモデルを中心にUPしてます。
TOP特集 Hot!完成品ギャラリー 制作日記 UP!組立・工作ポイント塗装ポイント情景・ジオラマ製作
工具・塗料・材料模型用語集模型ハウツー本 プラモ通販リンク集当サイトについて メール
TOP > プラモデル製作日記 > フジミ 1/700 軽巡洋艦 神通(じんつう)

フジミ 1/700 軽巡洋艦 神通(じんつう)の製作記

ポインタがに変わる写真は、クリックすると拡大します。

スポンサード リンク

今回作ったのは、フジミから発売されているウォーターラインシリーズNo.78、1/700軽巡洋艦「神通」。

1/700ウォーターラインシリーズの製作は、これが2作目です。

前回は駆逐艦でしたけど、今回はちょっと大きな軽巡洋艦。
これも多少ディティールアップして作っていこうと思います!



こちらがキットの中身。
ごく普通のウォーターラインシリーズといった感じです。

まずは、船体の舷窓をピンバスで深く掘り直しておきました。
ただ、リューターを使ったら回転数が高かったのか、途中プラスチックが溶けて刃にまとわりついていてしまいました。。

リューターを使う場合は、あまり回転数を上げない方が良いかもしれません。



船体は海面プレートに固定しますが、プレートにはKATOの「ウォーターエフェクト」を使って波を再現しておきました。

今回は船首部分に波を切るような感じを再現しようと、ちょっと盛り上げて見ましたけど、ちょっとイマイチな感じかな?

波を再現する際は、船体に軽くワセリンを塗ってウォーターエフェクトが外れやすいようにしてみましたが、あまり効果無かったみたいです。



砲身内部はプラスチック部品を削って、薄くします(左の写真の右部品)。砲身にはエポキシパテでカバーを作ってみる事にしました。



エポキシパテを細い円柱状にしたものを適当な長さにカットして、砲身に取り付けて形を整えて作ってます。



艦橋部分は部品の合いがイマイチだったので、前面をパテで埋めてペーパーがけしておきました。

後部シェルター甲板部分は、エバーグリーンの0.5mmプラ角棒を使って支柱を追加。



あと、ボートダビットはエッチングに置き換えるので、船体の取り付け穴にはエバーグリーンのプラ棒を差し込んで、穴を埋めておきました。

船体外周はライオンロアのエッチング手摺を取り付けてます。



上部構造物も手摺をエッチングに置き換え。



ボート類もディティールアップしてみました。



カタパルトもエッチングに置き換え、マスト部分は部品が太かったのでプラ棒で一部自作。

その後、船体上部のリノリウム部分をダークブラウンで塗装。



塗装が乾いたら、リノリウム部分をマスキング

エッチングのボートダビットを取り付けたら、先端部分がボートと接触してしまったので、ボートダビット先端は切り取っておきました。



船体を塗装したら、全体をウォッシング。
各種部品を取り付けたら、金属線で空中線を張っていきます。



艦載機も多少ディティールアップしてみました。主翼の支柱やプロペラ、フロートの取り付け部分などに手を加えてます。


これで完成です!
こちらのページに神通の完成品写真をUPしてます。


今回作った模型はこちらです。
1/700 フジミ 軽巡洋艦 神通 【amazon】

1/700 フジミ 軽巡洋艦 神通 【楽天価格比較ページ】



今月号の模型誌&関連書籍


1/700艦船模型の作り方 ベーシック編―Takumi明春の1/700艦船模型“至福への道”其之参