プラモデル・模型の作り方を写真入りで1から解説!
車・バイク・飛行機・艦船・AFVなど、スケールモデルを中心にUPしてます。
TOP特集 Hot!完成品ギャラリー 制作日記 UP!組立・工作ポイント塗装ポイント情景・ジオラマ製作
工具・塗料・材料模型用語集模型ハウツー本 プラモ通販リンク集当サイトについて メール
TOP > プラモデル製作日記 > 恐竜 > 小型恐竜セット

タミヤ  1/35 「小型恐竜セット」製作記

 ◆ 写真はクリックすると拡大します。

スポンサード リンク

今回製作したのは、タミヤ模型から発売されている1/35恐竜世界シリーズNo.7「小型恐竜セット」。

6種類の小型恐竜がセットになってるので、他の世界恐竜シリーズの情景と組み合わせてみようと思います。



こちらがキットの中身。部品自体は少ないので、組立にはそんなに時間かからないと思います。

組立は基本的に接着剤を多少多めに盛って、半乾きになったところで接着。
乾いたら、はみ出した部分をデザインナイフのカンナがけして、合わせ目を消してきました。



接着剤で合わせ目を消せない部分はエポキシパテを盛って修正し、全ての恐竜を組み立てて、塗装に入ります。



まず、ヒプシロフォドンはホワイトサフを全体に吹き付けた後、ダークイエローを体の下半分に塗装し、上半分には「6 グリーンを」を塗装してみました。



オビラプトルはホワイトサフを全体に塗装した後、「19 サンディブラウン」+「黄橙色」+「あずき色」の混色を塗装。

その後、体の上半分に「ブラウン」+「イエロー」の混色を塗装。
頭の上の部分は、「あずき色」を塗装しておきました。



ワニは最初にホワイトサフを吹き付けたら、口の中を「ブラウン」+「サンディブラウン」の混色で塗装。

その後、お腹底部に「サンディブラウン」+「黄橙色」+「あずき色」の混色を塗装し、上部に「119 RLM79サンドイエロー」を塗装しました。



最後に「41 レッドブラウン」で縞模様を描いてみました。
歯は「セールカラー」を筆塗りしてます。



始祖鳥は派手目な色にするため、全体にホワイトサフを吹き付けた後に、「シルバー」で塗装。

その後、翼前方を「クリアーグリーン」で塗装しました。



翼の後ろ側は「クリアー」+「黄橙色」の混色で塗装し、頭部分は「クリアーレッド」で塗装してみました。
最後にフラットクリアを吹いて、艶を消してます。



左のパラサウロロフスは、以前作った「パラサウロロフス情景セット」と同じように塗装してます。

右のティラノサウルスも、前に作った「ティラノサウルス情景セット」と同じように塗ってます。


タミヤ小型恐竜セット
これで、完成です!

岩は「タン」で塗装後、エナメルのレッドブラウンでウォッシングし、バフでドライブラシして完成させてます。

恐竜は始祖鳥以外は、塗装後にエナメルのレッドブラウンでウォッシングして、バフでドライブラシしてます。

「小型恐竜セット」の完成品写真はこちらのページにUPしてます!


今回作った、「小型恐竜セット」はこちらです。
1/35 恐竜世界シリーズ 「小型恐竜セット」 【amazon】

タミヤ 1/35世界恐竜シリーズ「小型恐竜セット」 【楽天価格比較】



今月号の模型誌&関連書籍