プラモデル・模型の作り方を写真入りで1から解説!
車・バイク・飛行機・艦船・AFVなど、スケールモデルを中心にUPしてます。
TOP特集 Hot!完成品ギャラリー 制作日記 UP!組立・工作ポイント塗装ポイント情景・ジオラマ製作
工具・塗料・材料模型用語集模型ハウツー本 プラモ通販リンク集当サイトについて メール
TOP > プラモデル製作日記 > タミヤ 1/12 マクラーレンMP4/6 ホンダ

タミヤ 1/12 「マクラーレンMP4/6 ホンダ」の製作記

ポインタがに変わる写真は、クリックすると拡大します。

スポンサード リンク

今回組み立てる模型は、タミヤの1/12ビックスケールモデル、「マクラーレンMP4/6 ホンダ」。

初のビッグスケールモデルです。
現在は絶版なってるようで、ヤフオクで入手しました。



もう一つ、キットとは別に、スタジオ27のMarlboroデカールもおまけで付いてました。(写真左)

スタジオ27のでカールは全く黄ばみはないですが、キットに付属のデカール(写真右)は、よく見ると若干の黄ばみが出てしまってます。

一応タミヤのカスタマーサービスに問い合わせてみたところ、デカールの在庫はないということでしたので、失敗は出来ませんね・・。

ナンバー1のアイルトン・セナと、2のゲルハルト・ベルガーどちらかを作れますが、ナンバー1のA・セナ仕様で作ることにします。




1/12、マクラーレンMP4/6の部品内容。
ネジやダイキャスト製のアーム、その他接続部分など金属部品が結構ありますね。

ビスなどはかなりの種類、数が3袋分もはいってます。なくして組み立てられなくならないよう気をつけておかないと。

シートベルト部分は布製のシールで再現されていて結構いい雰囲気です。

全体的にキットが古いせいか、バリやパーティングラインなどが結構目立ちぎみかな?修正するのがちょっと手間かも。


そして、ちょっと仮組みしてみた所、前部カウリングのつなぎ目がけっこう目立ちます。

部品自体がキレイに適合してないので、ここはプラ板等を挟み込んで隙間を無くし、修正しておいた方が良さそうです。

それと、カウリングはネジ止めするようになってますが、カウル上部のねじ穴(写真右)はカウルが捻れなくキレイにセット出来れば、塞ぐかもしれません。

それでは、組立です。


まずは、セミグロスブラックで塗装する部品を全部切り出し、組み立てられるものは組み立て、ゲート跡、目立つ部分のパーティングライン等を修正して一気に塗装。



アーム部分はダイキャスト製(金属部品)で、バリが結構あったのでペーパーで慣らしておきました。 400番→1000番の順で仕上げて、中性洗剤で洗ってます。

そして、ペーパーがけ後にタミヤのサーフェイサーを吹き付けたんですけど、簡単に剥がれてきちゃいました・・。

一応、タミヤのサフにはプライマー効果もあるような説明がされてますけど、ちゃんとプライマーを塗っておいた方が良さそうですね。



セミグロスブラックを塗り終わりました。
エンジンブロックはマスキングして塗り別けます。


モノコックにデカール貼っていきます。デカールは余白の透明部分をぎりぎりまで切って貼ると、余白が目立たずに貼れます。

模型表面に細かな凸モールドが無数にあるので、マークソフターを使ってなじませてます。



キットには、布製のシートベルトも付属してますが、なかなかリアルで良い雰囲気です。
裏面がシールになっていて、折り曲げて貼り付けて使います。

ただ、結構ほつれやすいのと、コシが強く浮いてきやすいです。
シールの粘着力だけでは弱いので、ボンド・Gクリヤーでくっつけておきました。

それと布のサイド(厚み分)が白く見えるので、ベルトの両サイドをブラックで塗装しておいてます。


アーム類の塗装終了です。

メタルプライマー塗ってからサーフェイサーを吹いて、その後にセミグロスブラックを塗装。

セミグロスブラックが乾いてから、細かい部分を塗り分けてます。

メタルプライマーを塗ったら、はがれずにちゃんと塗れてるみたいです。

やっぱり、メタルプライマーは確実に塗っておいた方が良さそうです。。



ブレーキディスク類、サスペンションを組立て、塗装しました。

サスペンションは実際に可動するようになってますが、取り付けてみると、実際に可動させるのはちょっと無理があるかな。



モノコックフレームが大体出来上がってきました。
コクピットもリアルな雰囲気でイイ感じになってきました。

アームの取り付けは、結構誤差があって留め具の金属を曲げたり、アームの一部を削らないとキレイに取り付られませんでした。



モノコック背面の塗装は、説明書ではシルバー+クリアーオレンジを混ぜて塗装するようになってますが、 混ぜずにシルバーの上からクリアーオレンジを塗装してみました。

ちょっと上品な感じで仕上がったと思います。
マフラーは焼けを塗装で再現しておきました。



そして、エンジンが完成しました!

HONDAの凸モールドの文字部分は、筆にエナメル系のシルバー塗料を少しつけ、筆の腹の部分で塗装していきました。



説明書を見たところ、ボディのレッド部分は普通のレッドではなく、蛍光レッドで塗装するようです。

クレオスの蛍光レッドを試し吹きしたところ、どうも色合いが少し違う感じがするので、ネットを見てみるとアサヒペンの蛍光レッドが良よさそうなので、これで塗装してみる事にしました。

とりあえず、シャシー部分に組み込む部品を蛍光レッドで塗装。
クレオスの蛍光レッドよりは、良い感じで発色してくれてるかな?

この後マスキングして、裏面をフラットブラックで塗装していきます。


エンジンとモノコックを接続して、ラジエターを取り付けました。

ラジエター側面、「calsonic」の文字のデカールは、デカール軟化材をたっぷり目につけて何とかなじませておきました。

・・なじませたつもりなんですけど、乾いたらちょっとデカールういてしまってました。。

この凹凸にピッタリなじませる事って、出来るんでしょうか??
ちょっと無理があるような気がします。

冷却配管の止め具部分は、100円ショップで買った赤いメタルテープを貼り付けてます。あと、ホースの配線は金属線で固定しました。


シャシーの塗装に入ります。

写真のシルバーで塗り分けている部分は、キットに付属のアルミシートを貼るようになってたのですが、アルミシートを貼るとシワになってしまうので塗装しました。

塗料はGSIクレオスのメッキシルバーを使ってみました。

この塗料は、粒子が非常に細かく、メッキに近い輝きが得られます。



アンダートレイをシャシーに、接着剤+ネジ止めで取り付けていきます。

アンダートレイの部品自体が多少歪んでいたので、接着剤が乾くまでマスキングテープなどでしっかり固定しておきます。

ボディーも多少歪んでる感じがあるので、この後はボディの調整もする必要がありそう。



シャシーにボディを仮組みして見ましたが、やっぱりボディーも結構ゆがんでました。
ドライヤーでボディを熱して曲げながら、シャシーに合わせて修正していきます。

ちょっとづつ曲げてシャシーに合わせてみて、また曲げてと、しばらく繰り返していきます。

一方を合わせると今度は別のところに歪みが出てしまったり、また、カウル裏側が配線に当たっていたので、薄く削ったらドライヤーを当てた際に上面が多少波打ってしまい、それをまたパテ埋めして修正したり・・

なんだかんだで、結構時間がかかってしまいました。



とりあえず、大体のところで合わせました。

写真右の、シャシーとカウルの境目も、フロント側の方で結構隙間があったので、ここも可能な限りキレイに合わせておきました。



問題は、写真左のフロント部分です。

部品のつなぎ目に結構隙間が開いてしまうので、ここはプラ版を接着して削り、合わせていくことにしました。

写真右のリア部分もイマイチ合いがよくないです。

ここはボディをねじ止めするともう少しキレイに収まってくれそうなので、このまま組み立てることにします。


タイヤには、タイヤマークを貼りました

タイヤ文字は、他メーカーからステンシルが発売されてるので、それを使えば塗装で仕上げられます。

個人的には、デカールのクッキリした感じも好きですけど、リアリティを求めるならステンシルで塗装でしょうか。

タイヤマークを貼ると、イイ感じで雰囲気出て来ましたね。



フロント部分の隙間をプラ版を接着して修正して行きます。

普通のプラモ用接着剤で接着して、乾いたら余分な部分をリューター等で大まかに削り、後はペーパーで形を微調整しながら合わせていきました。

これで、カウルの修正はおしまいです。
なんといいますか、カウルの修正は疲れました^^;

次は、カウルのマスキング、塗装に入っていきます!


【 タミヤ 1/12 マクラーレンMP4/6ホンダの製作】
1.エンジン、シャシーの組立・カウルの修正 (このページです。)
2.カウルのマスキング、塗装〜完成



今月号の模型誌