プラモデル・模型の作り方を写真入りで1から解説!
車・バイク・飛行機・艦船・AFVなど、スケールモデルを中心にUPしてます。
TOP特集 Hot!完成品ギャラリー 制作日記 UP!組立・工作ポイント塗装ポイント情景・ジオラマ製作
工具・塗料・材料模型用語集模型ハウツー本 プラモ通販リンク集当サイトについて メール
TOP > プラモデル製作日記 > カーモデル > エンツォ・フェラーリ

タミヤ 1/24 「エンツォ・フェラーリ」の製作記

 ポインタがに変わる写真はクリックすると拡大します。

スポンサード リンク

タミヤの1/24 スポーツカーシリーズNo.273、「エンツォ・フェラーリ」を製作します!

この「エンツォ・フェラーリ」、いつ購入したのか不明ですけど、少しだけ作って長期間ほったらかしになってたので、完成させるべく意を決して作り始めました。

この「エンツォ・フェラーリ」はボディが多数に分割され、完成後もドアとリアカウルが開閉するので、完成後も部品同士がキレイに合うように組めるかが、ポイントだと思います。


●キットの中身、シャシー・内装パーツの塗装


こちらがキットの中身。
ボディパーツの分割、一体形成のモノコックボディがすごいですね。

キット自体はパーティングラインも殆ど目立たないし、ウィンドマスクシール、着色済みテールランプ、インレットマークが付属と、タミヤキットの定番な感じです。

カーボンデカールも付属してますけど、曲面に貼るものが多く、けっこう貼るのが難しい部類のデカールだと思います。

それと、別売のエッチングパーツもタミヤから発売されていたので、別途購入してみました。(写真右)

エッチングには、シートベルトや耐熱シートを再現するアルミステッカー、金属製マフラーエンドも付属して充実してます。

それでは、早速組み立てていきます!



フロントカウルは、最初にB8部品のフロンノーズを接着しておいた方が作業しやすそうなので、最初に接着しておきました。

シャシー、内装関連のパーツは大まかな色毎に分けて、全て切り出してまとめてエアブラシで塗装していきます。

フロント部分はボディを取り付けると殆ど見えなくなるので、写真右の状態まで組み立ててセミグロスブラック1色で塗装してます。


●耐熱シート(アルミシート)



耐熱シート部分は、純正エッチングパーツに付属のアルミシートを使用してみます。

メタルックみたいな薄手のシールと思ってたら、けっこう厚みのあるしっかりしたシールで、けっこう貼りやすかったです。
切り離しラインに沿って丁寧に切り取れば、ほぼパーツと一致します。

貼るときは台紙の一部をハサミで切り取り、位置合わせをして一部分だけを貼ってから、残りの台紙を剥がして綿棒などで押さえていくと、キレイに貼りやすいと思います。


●ボディの仮組、修正


ある程度シャシーを組んだら、ボディの仮組へ。
全体的に非常に精度が高くて、ピッタリ合ってくれます。

ただ、ドアとボディの合いが多少きつい感じがしたので、塗料の厚み分を考えて、ドア前後を多少削っておきました。

後はパーツ全体を800番のペーパーで均しましたが、パーツ同士の段差が出来るだけ無くなるよう、基本的にはパーツを仮組みしたままペーパーをかけてます。



特に左後方、バンパーとリアカウル部分にけっこう段差が出てたので、ここは400番のペーパーを当て木を付けてガリガリ削ってます。

ドア、リアカウル、リアフェンダーの3つのパーツが組み合わさるところ(写真中央)も、ちょっと段差が目立ったので400番→800番の順でペーパーを当ててます。

リアフェンダーはE30、E31部品もボディ色で塗装しますけど、形成色がブラックなので、サフをしっかり目に吹いて確実にボディ側と同じ色になるよう下地を作っておきます。(写真右)


●ボディの塗装・研ぎ出し


ボディ色は赤で塗装するので、タミヤのファインサフ・ピンクを使用して下地を作っておきました。一度空ビンに移して、エアブラシで塗装してます。

タミヤのピンクサフは初めて使いましたけど、これは隠蔽力も高くてイイ感じです!ブラックの形成色も、2〜3回でキレイなピンクに発色してくれます。

本塗装はクレオスの「8 モンザレッド」を使用。各パーツを出来るだけ同じ厚み、回数で塗装したら、乾燥後パーツ同士を合わせて色合いが同じか確認しておきます。

本塗装後丸1日ほど乾燥させたら、フロントカウルにデカールを貼ってクリアー塗装 → 研ぎ出しへと進めますが、デカールは貼る前にマイクロスケール社の「リキッドデカールフィルム」を塗ってから貼り付けてます。

タミヤのデカールは非常に薄く、切れやすいので小さなデカールであっても、これを塗っておくと安心して作業できます。



研ぎ出しは、今回はソフト99クリアー塗装後に1500番のペーパーで表面を平滑にして、バフレックスで磨いてからコンパウンドで艶出しを行ってみました。

バフレックスは裏面がシールになってるので、5mm厚程のスポンジに貼り付けて、水研ぎで使ってます。

バフレックスは実車用の3000番程の耐水ペーパーのような物ですが、これが非常に良い!!

2000番のペーパーがけの後コンパウンドで磨く場合、どうしても2000番の磨き傷を取るのに時間がかかってしまうんですけど、バフレックスを使うと、1500番のペーパー傷でもキレイに取り除いてくれて、コンパウンドでの艶出しが非常に容易になります。

もう、簡単に艶が出てくれます。

写真中央が1500番のペーパーの後にバフレックスで磨いた状態ですが、この状態でも若干の艶が得られて周囲の物が反射してるのが分かると思います。

この後、タミヤのコンパウンド荒目→細目→仕上げ目で磨いていきますが、荒目で軽く磨くと簡単に艶が出てくれて、1500番の磨き傷も出て来ません。


●カーボンデカール貼り


このキットの難所の一つは、カーボンデカールの貼り付けだと思います。

立体曲面への貼り付けが多く、一見すると貼り付けは不可能なんじゃないかと思えますが、意外とキレイに貼り付けることが出来ます。

このカーボンデカールも、まずはリキッドフィルムを全体に塗布しておくと、デカールが切れにくくなり随分作業が楽になると思います。

貼り方の手順は、まずはデカールを切り出して(写真左)、貼る部分にマークセッターを塗布。(写真中央)

デカールを貼り付けると、そのままでは曲面部分が合わないので、デザインナイフ等で適当に切り込みを入れていきます。(写真右)

押し当てるように切るのがベストだと思いますけど、そうも言っていられないので普通に引いてカットしてます。切れ味の良い、新品の刃を使ってカットすると失敗が少ないです。



馴染みの悪い曲面部分などは部分的にマークソフターで軟化させ、綿棒等で押さえて密着させていくと、最終的にはキレイに貼れると思います。

デカールが乾いたら、デカール表面についている糊やマークセッターの汚れ等を落として、上から半光沢クリアーを軽く吹き付けて艶を整えてます。

糊やマークセッターの汚れを拭き取る際は、マークセッターを綿棒等に付けて拭き取ると、キレイに拭き取れますよ。

曲面部分でデカールに切れ目が出来た場合は、その部分に小さく切ったカーボンデカールを貼っておくと、目立つことなく仕上げられます。



B13、B14部品もカーボンパーツみたいでけど、このパーツ分のデカールが付属してないので、余白のデカールを切り取って貼り付けておきました。

マスキングテープをパーツに貼り付けて型紙を作り、その型紙に沿ってデカールをカットして貼り付けてます。


●細部の組み付け〜完成


ウィンドウ部品には、ウィンドウマスクシールを貼り付けてエアブラシで塗装。フロントは左右で若干ズレが出て来たので、マスキングテープで補修してます。

G1部品のウィンドウマスクシールは長さが1mm程長かったので、真ん中でカットして左右別々に貼ってます。



ボディーパーツはマスキングして裏面をセミグロスブラックで塗装しておきます。

テールランプ部品はゲート後が多少目立ったので、バフレックスで磨いた後タミヤコンパウンド細目で磨いておきました。



フロントウィンドウに取り付けるバックミラーは、1分硬化タイプのエポキシ接着剤を部品に少量付けて取り付け。



リアフェンダー(A2、A3部品)にもカーボンデカールを貼り付ける箇所があったんですけど、シャシーに取り付けてしまった後で気づいたので、ここは貼らずに完成させることにします。(写真左)

エッチングに付属していたシートベルトは、普通の紙で出来たシールとはちょっと質感が違っていて、けっこう良い雰囲気に仕上がってくれました。(写真中央)

ドアの取り付けは、前方のヒンジ部分を最初にD7,D8部品に組み込んで、上部のヒンジをピンセットで軽く押し込んで取り付けてます。(写真右)

上部のヒンジは非常に脆そうなので、ここは折らないように注意しておきたいです。



エッチングパーツに付属していた金属製マフラーエンドは、よく見たら貫通していて、そのままだとマフラー部品のパーティングラインがかなり目立ってしまうので使用せず、キット付属のメッキパーツを使ってます。

質感は断然金属製パーツの方が良いんですけど、リアバンパーを取り付けた後気づいたのでパーティングラインの修正も難しく、ちょっと残念ですけど諦めます。

エッチングのワイパーは、非常に質感高くて良い感じです。

全て組み立てたら、最後にハセガワのセラミックコンパウンドで微細な小傷などを取って、完成です!


1/24 エンツォ・フェラーリ
ドアパーツが一部、多少合いがずれてきた所もありますけど、全体的には上手くまとまってくれたと思います。

1/24「エンツォ・フェラーリ」の完成品写真はこちらのページにUPしてます!


今回製作した模型はこちらです。
TAMYA 1/24 エンツォ・フェラーリ 【amazon】

タミヤ 1/24 「エンツォ・フェラーリ」 【楽天価格比較ページ】



今月号の模型誌