プラモデル・模型の作り方を写真入りで1から解説!
車・バイク・飛行機・艦船・AFVなど、スケールモデルを中心にUPしてます。
TOP特集 Hot!完成品ギャラリー 制作日記 UP!組立・工作ポイント塗装ポイント情景・ジオラマ製作
工具・塗料・材料模型用語集模型ハウツー本 プラモ通販リンク集当サイトについて メール
TOP > プラモデル製作日記 > バイク > タミヤ 1/12 「LCR Honda RC211V'06」

タミヤ 1/12 「LCR Honda RC211V'06」製作記

 写真はクリックすると拡大します。

スポンサード リンク

今回製作したのは、タミヤ1/12スケール「LCR Honda RC211V'06」。

基本ストレート組みですけど、ビス部分をインセクトピンに置き換えたり、汎用カーボンデカールを貼ったり、一部パイピングを追加して作っていきます。

デカールが多いですけど、カルトグラフ製なので全体的にスムーズに貼れます。


●製作


カウルをフレームに仮組してみると、所々合いが良くない所が。特に左側は隙間が空いてしまうので、プラ板挟んで埋めておきます。

他も仮組した状態で、400〜600番のペーパーでキレイに面を合わせておきます。



リアカウルも多数のパーツを接着してくみ上げるので、合わせ目消しと段差が無くなる用ペーパーがけしておきます。

最後はグレーサフを吹いて、キレイにパーツが合ってるかチェック。
サイドカウルとタンクカバー部分は、どうしても隙間が空いてしまうので、ここはエポキシ接着剤で接着することにします。



いくつかのカーボンパーツには、スタジオ27の汎用カーボンデカールを貼り付けておきました。最初にマスキングテープで型取りし、その方に沿ってデカールを切り取り、貼り付けてます。



リアカウル、アンダーカウルとアッパーカウルは最初には最初にホワイトを塗装し、マスキング後ブラックを塗装。



ハンドル周りはいくつかパイピングを追加。
チェーンはスプロケット部分をピンバイスで開口後、塗り分けて行きました。
フレームのメッキパーツは、そのままメッキを生かして組み立ててます。



マフラー部分には、2ヶ所極小スプリングを追加。スプリングの取り付けは、0.3mm真鍮線を折り曲げたものに取り付けてます。

そして、完成後タンクカバーとサイドカウルをエポキシ接着剤で接着。
乾くまでマスキングテープで止めて、乾燥をテープを剥がしたら・・、赤丸枠内のウレタンクリアーが剥がれ気味に。(ToT)

ウレタンはかなり食いつき悪いですね。。上からマスキングテープを貼る場合、粘着力を弱めたりして慎重に貼った方が良さそうです。



完成。全体的にはかなり組みやすいキットだと思います!

「LCR Honda RC211V'06」完成品写真はこちらにUPしてます。


今回製作した模型はこちら。
タミヤ 「 LCR ホンダ RC211V'06」 【amazon】

タミヤ 1/12 「LCR Honda RC211V'06」 【楽天価格比較ページ】



今月号の模型誌