プラモデル・模型の作り方を写真入りで1から解説!
車・バイク・飛行機・艦船・AFVなど、スケールモデルを中心にUPしてます。
TOP特集 Hot!完成品ギャラリー 制作日記 UP!組立・工作ポイント塗装ポイント情景・ジオラマ製作
工具・塗料・材料模型用語集模型ハウツー本 プラモ通販リンク集当サイトについて メール
TOP > プラモデル製作日記 > バイク > タミヤ 1/6 「スズキ GSX1100S カタナ」

タミヤ 1/6 「スズキ GSX1100S カタナ」製作記

 写真はクリックすると拡大します。

スポンサード リンク


今回製作したのは、タミヤ1/6スケールバイクプラモデルの「スズキ GSX1100S 刀」。

1/6ですけど、今でも5000〜6000円で買える貴重な(?)模型です。
いつものように、ストレート組みで組んでいきます。


●キットの中身



パーツ構成はこんな感じ。
部品点数は1/6としては標準的な感じなんじゃないかなと思います。

ただ、キットそのものが結構古いので、パーティングラインが全体的にちょっと強めにでてますね。メッキパーツに関しては、そのままメッキを生かして組み立てて行こうと思います。


●組立


G15、G16のフューエルタンクは合わせ目を確実に消せるよう、ウェーブの黒い瞬間接着剤で接着。
普通の接着剤をはみ出させるように塗って合わせ目を消すと、乾燥に時間がかかりすぎるので、瞬間接着剤を使いました。

最初に片方のパーツにタミヤの瞬間接着剤硬化促進剤を塗っておき、もう片方のパーツに黒い瞬間接着剤を付けて接着。

硬化後に400〜800番のペーパーで磨いて仕上げてます。



カウリング部分は、G10、G11、G12の3つのパーツを接着しますけど、特にG12パーツとの間に隙間や段差が出きてしまうので、ここも黒い瞬間接着剤を充填してならしておきます。

メッキパーツはメッキをそのまま活かして組み立てていきます。

最初に全体にメタルプライマーを塗っておき、艶有りメッキのゲート跡にはハセガワのミラーフィニッシュを貼り、最後にスモークをエアブラシで薄く吹きつけておきます。

艶有りのメッキパーツはスモークを吹き付けて輝度を下げておくと、良い雰囲気になってくれます。



フレーム部品はパーティングラインがクッキリ出てるので、デザインナイフのカンナがけの後、800番のペーパーで磨いて丁寧に処理しておきます。

裏側部分は肉抜きしてあるので、ポリパテで埋めておきました。
フロントフォークのボトムケース部分は、メッキを落として合わせ目を消し、塗装で仕上げていきます。



スタンドとフレームの接着部分ですが、合わせ目が結構目立ちます。
ここはスタンドを塗装した後にフレームに接着し、ウェーブの黒い接着剤を充填後、ペーパーで磨いて合わせ目を消しておきます。

その後、スタンド部分をマスキングしてフレームを塗装し直してます。



フレーム前部に取り付ける、D13、D14部品は、合わせ目というか隙間がかなり目立つので処理しておきたいところ。

エンジン下部のクランクケースを取り付けた後で接着するようになってますが、左側は最初に接着しても大丈夫なので、まずは左側を接着して合わせ目を消しておきます。

隙間はウェーブの黒い瞬間接着剤で埋めてます。



もう片方はエンジン部分を取り付けてから接着。

同じようにウェーブの黒い瞬間接着剤で隙間を埋めて、ペーパーで均し、エンジン部分に塗料がかからないようマスキングして、エアブラシで塗装し直しておきました。

エンジン部分はつや消しのメッキパーツになってますが、メッキの上からクレオス「SM04 スーパーステンレス」を軽く吹きつけ、エナメルのブラック+レッドブラウンで軽くウォッシングして置いてます。



リアフェンダーの内側、ウィンカーパーツは押し出しピン跡が完成後も目立つので、光硬化パテで埋めておいてます。

リアダンパーのC4部品は最初にメッキシルバーNEXTで塗装した後、中央部分をマスキングしてセミグロスブラックで塗装。



カウル類はクレオスの「サーフェイサー1000」 → 「GX2 ウィノーブラック」 → 「159 スーパーシルバー」 → フィニッシャーズの「ウレタンクリアー GP1」の順で塗装、研ぎ出しして仕上げてます。

スーパーシルバーはクリアー分が多く、下地が透けやすいので、ブラックを下地に塗ってから、塗装しておきます。

ブレーキローター部分も軽くウォッシング。
ホイール部分は、エナメルのメタリックグレイで塗装し、凸部分を綿棒にエナメルシンナーを含ませ、拭き取って仕上げてます。



ウィンドウパーツは4つの穴の下に押し出しピン跡があり、けっこう目立つので、バフレックス黒(3000番)で消して、コンパウンドで磨いてキレイにしておいてます。



シートはフレームにビス止めするようになってるんですけど、穴の位置が合いません・・。

左側は前方に1mm程、右側は前方&下方に1mm程金属の留め具をずらす必要がありましたので、シート裏の穴を伸ばしランナーで塞ぎ、右側はシート裏にプラ板を挟んでから、留め具の穴の位置を開け直してます。写真右は修正後。

他は、細々下パーツを取説通りに組み立てて完成です!




「スズキ GSX1100S 刀」完成品写真はこちらにUPしてます。

今回製作した模型はこちらです。1/6のビッグスケールですが、今でも5〜6000円という低価格で買える貴重な(?)プラモデルです。

タミヤ1/6ビッグスケール「スズキ GSX1100S 刀」 【amazon】

タミヤ 1/6 「スズキ GSX1100S 刀」 【楽天価格比較】


今月号の模型誌