プラモデル・模型の作り方を写真入りで1から解説!
車・バイク・飛行機・艦船・AFVなど、スケールモデルを中心にUPしてます。
TOP特集 Hot!完成品ギャラリー 制作日記 UP!組立・工作ポイント塗装ポイント情景・ジオラマ製作
工具・塗料・材料模型用語集模型ハウツー本 プラモ通販リンク集当サイトについて メール
TOP > プラモデル製作日記 > ハセガワ 1/48 F-16

ハセガワ 1/48 F-16戦闘機の製作記

ポインタがに変わる写真は、クリックすると拡大します。

スポンサード リンク
ハセガワ飛行機プラモデル
今回制作したのは、ハセガワから発売されている1/48スケールのF-16戦闘機です。

個人的に好きな飛行機なので、これを作って見ることにしました。

ハセガワ飛行機プラモデルこれがキットに入っている全ての部品です。

結構使わない部品も入っているので、実際にはそんなに部品点数は多くないと思います。

バリなどがところどころにありますが、全体的にキレイに成型されている感じです。
ハセガワ飛行機プラモデルまずは、キット全体を中性洗剤で洗っておきましょう。

離型剤がプラスチック表面に残ったままだと、塗料がくっつかない、すぐ剥れるといったトラブルになる事があるので、めんどくさくても念のため。

ハセガワ飛行機プラモデル最初は、コックピットから組み立てていきましょう。

飛行機模型はコックピットが出来上がらない限り、次の工程に進めないのがちょっと難点ですねー。

とりあえず、コックピット部品を切り出しました。

ハセガワ飛行機プラモデルハセガワ飛行機プラモデル
そして、コックピット、パイロット塗装しました。

コックピットの塗りわけ工程はこちらパイロットの塗りわけはこちらのページにUPしてます!
ハセガワ飛行機プラモデルで、コックピット組み立ててみました。

せっかく色を塗り分けても、完成後はあまり見えなくなってしまうのがちょっと残念かな・・
ただ、キャノピーを開けた状態で組み立てれば、完成後も結構コックピットが見れるとおもいます。

ハセガワ飛行機プラモデルハセガワ飛行機プラモデル
次は主翼を貼りあわせました。
特に難しいことは無いですが、機体と接着する側は、きれいにバリやはみ出した接着剤などを取っておかないと、キチンとくっつかずに隙間が開いてしまうので要注意です。
ハセガワ飛行機プラモデル機体にキチンと接着できるかどうか、仮組みして確かめておきましょう。
もし隙間が開いているようであれば、どこか当たっているところをペーパーなどで削って均しておきます。
>> 部品を切り離した際のゲート跡の処理
ハセガワ飛行機プラモデルハセガワ飛行機プラモデル
エアインテーク部の組み立てです。
接着したら結構段差が目立ったので、パテで埋めて均しておきました。
ハセガワ飛行機プラモデルハセガワ飛行機プラモデル
エンジンノズル部分の組み立て、塗装です。
ノズル部分は、どうもイマイチ質感が上手くでませんでした。

なんともいえない金属管が、なかなか上手く再現できないですねー。
結局、普通にメタリックグレイを塗っただけです。。
後で適当に、ドライブラシ、ウォッシングして表情が付けば・・と思います。
ハセガワ飛行機プラモデルハセガワ飛行機プラモデル
機体を組み立て、本格的に塗装する前に、タイヤを格納する部分や脚の部分など、フラットホワイトで塗装する部品を全部まとめて塗装しておきます。
ハセガワ飛行機プラモデルハセガワ飛行機プラモデル
コックピット回りはフラットブラックで塗装するようになっていたので、キャノピーを取り付ける前に、先に塗っておきました。
後で機体色で塗装するので、マスキングは必要ないかも知れないですが、一応マスキングして塗装しておきました。

ハセガワ飛行機プラモデルでは、早速、組み立てていきましょう!
このF−16は、機体が左右に分割されているタイプではなく、上下で分かれていました。




ハセガワ飛行機プラモデル主翼部分などで合わせ目の部分が結構隠れることもあり、合わせ目は殆ど目立たずキレイに貼りあわせる事ができます。

マスキングテープで部品を固定して、その後に流し込み接着剤を流し込んで接着しました。

ハセガワ飛行機プラモデル機体を貼りあわせたら、次はいよいよ主翼類の取り付けです。

ここまでくると、なんか急に出来上がってきた感じがしてしまいます。


ハセガワ飛行機プラモデルハセガワ飛行機プラモデル
垂直尾翼の取り付けはそのままだと垂直に立たず、かなり傾いてしまったので、接着面をデザインナイフや400番のペーパーで削って、できるだけ垂直に接着できるよう調整

ただ、どうしても接着面に隙間ができてしまったので、この部分はパテで埋めて処理しておきます。
ハセガワ飛行機プラモデルハセガワ飛行機プラモデル
タミヤの光効果パテを使ってみました。
蛍光灯の光を1〜2当てることで効果すると言う、優れものです。効果後のヒケも殆どありません。

タミヤの調色スティックなど、適当なヘラで隙間に押し込んで、ティッシュではみ出した部分をふき取り、光を当てて硬化させます。
ハセガワ飛行機プラモデル硬化後です。

タミヤの光効果パテは非常に使えますね。
今までのめんどくさかったパテ盛り作業が、ずいぶん楽になりました。


ハセガワ飛行機プラモデルハセガワ飛行機プラモデル
取り付けはマスキングテープで翼の水平、垂直など位置を合わせて、翼が動かないように固定して、その後に流し込み接着剤を流し込んで接着しました。

翼の水平、垂直がずれているととても見苦しくなってしまうので、ここの位置決めはキチンとやっておいた方が良いです。

あと、個人的には接着の大半は、流しこみ接着剤で接着しているような気がします。
流し込みタイプは非常に便利で重宝してます。
ハセガワ飛行機プラモデルハセガワ飛行機プラモデル
キャノピー部品は、中央にパーツ形成時のパーティングラインが残っているので消しておきましょう。これが残ったままだととても見苦しいです!
写真右は、パーティングラインを消した状態です。
>>キャノピーのパーティングラインの消し方
ハセガワ飛行機プラモデルハセガワ飛行機プラモデル
キャノピーはスモークで塗るよう指定してあったので、裏側からスモークをエアーブラシで吹き付けておきました。
その後、マスキングして機体への取り付けに入っていきます。
>>キャノピーのマスキングのやり方
ハセガワ飛行機プラモデルハセガワ飛行機プラモデル
そして、キャノピー、主翼、その他こまごまとした部品などを接着した状態です。
キャノピー、その他の部品も流し込み接着剤で接着。
先にフラットホワイトで塗装しておいた部分は、マスキングして塗料がかからないいようにしておくといいです。

エアインテーク部分と、ノズル部分はここで接着してしまうと塗装がしにくそうだったので、後で接着する事にしました。
ハセガワ飛行機プラモデル増量タンクやミサイルなど、弾薬類も組み立て、合わせ目を消しておきましょう。

それと、こういう弾薬類は凸モールド加工してある事があり、合わせ目を消すときに結構いっしょに消えてしまったりするのですが、凸モールドはカッターなどで案外簡単に再現する事ができます。
>>消えた凸モールドの簡単な再現方法
ハセガワ飛行機プラモデルいよいよ塗装に入っていきます。

機体先端部分がちょっと違う色で塗装するようになっていたので、先端を先に塗装しました。
ここをマスキングしてから、他の部分を塗装した方がやりやすそうだったので。

ハセガワ飛行機プラモデルハセガワ飛行機プラモデル
塗料が乾いたら、先端部分をマスキング。
キャノピー部品の透明部分は、このまま塗装するとひょっとして色が透けるかな?と思い一応キャノピー周辺部分にサーフェイサーを吹き付けておきました。(写真右)

使ったのは、クレオスのMr.サーフェイサー1200です。
ハセガワ飛行機プラモデルそして、この機体は先端部分が迷彩塗装のように、多少ボカシ気味で塗装するようになっています。

ここはマスキングしてキッチリ塗り分けてしまうと、変な感じで仕上がってしまうので、エアーブラシを使ってフリーハンドで塗り分けて行きましょう。
やり方は簡単です。

まず最初に、これから塗装する色をうすめて、塗り分ける部分に軽く筆でラインを引いておきます。塗装する位置をわかりやすくする為の目安なので、ちょっとぐらいなら必要ないかもしれません。
ハセガワ飛行機プラモデル写真が反対になってしまいましたが、次にそのラインに沿ってエアーブラシで塗装していきましょう。

ここは細吹きで慎重に。



ハセガワ飛行機プラモデルハセガワ飛行機プラモデル
塗りわけ部分を塗装したら、後は他の部分を普通に塗装していくだけです。
写真右は機体色を塗り終わった状態です。
ハセガワ飛行機プラモデルハセガワ飛行機プラモデル
基本色を一通り塗っただけだと、なんかキレイすぎるのでちょっと塗装にメリハリをつけてみましょう。

パネルラインに沿って、基本色より暗い色をエアーブラシで細吹きにして塗装していきます(シャドー吹き)。影を入れていくような感じで塗装していくわけです。

これだけでも、結構雰囲気が変わってきますので、やっておく価値はあると思います!


ハセガワ飛行機プラモデル機体の塗装が終わったら、次はいよいよデカール貼りです。

そんなに大きなデカールは無く、小さめのデカールがたくさんあります。
貼るのはそんなに難しいところは無いのですが、数が結構あるのでちょっとめんどくさいです。。

ハセガワ飛行機プラモデル写真左の翼の星のマーク、前後逆に貼ってしまいました・・
しょうがないのでこのまま進めます。




ハセガワ飛行機プラモデル垂直尾翼上部の赤と黄色部分は、デカールを貼るようになっていたのですがデカールは貼らずに塗装しておきました。
マスキングして、ホワイトサフを吹きつけ、その上から赤、黄色を塗り分けました。
場所とデカールの種類によっては、デカールを貼るよりも塗装した方が簡単な場合も結構あります。
ハセガワ飛行機プラモデルハセガワ飛行機プラモデル
デカールを貼ったら、残りの部品を接着。
もう、ほぼ完成ですが、これからさらに汚し塗装をしていくとよりリアルになってきます!
ハセガワ飛行機プラモデルハセガワ飛行機プラモデル
弾薬類もデカールを貼っておきましょう。
こちらも結構こまごまと貼る部分が多いので、ちょっと手間がかかりました。
ハセガワ飛行機プラモデルハセガワ飛行機プラモデル
デカールを貼ったら、デカール部分の厚みとツヤが気になってくるので、研ぎ出しして段差を消し、ツヤを整えておきます
まあ、研ぎ出しがめんどくさければ、TOPコート等のつや消しクリアーを吹き付けるだけでも、ずいぶん目立たなくなると思います。

写真左は、部品とデカールの間に空気が入って、白く浮き上がってしまってあまり良い状態ではないです。(こういう状態をシルバリングと言います。)

特に塗装面がつや消しの場合に起こりやすいですが、シルバリングを防ぐには、軽くクリアー塗料を吹き付けてからデカールを貼ったり、デカール軟化材などで塗装面に出来るだけ密着させるようにさせると良いです。

写真左の状態からでも、研ぎ出しして写真右のように目立たなくはなりましたけど、出来るだけシルバリングを起こさないようデカールを貼るのがベストです。

ハセガワ飛行機プラモデルハセガワ飛行機プラモデル
デカールを一通り貼り終え、ツヤを整えたらウォッシング塗装に入りましょう。
これは別にやってもやらなくてもどちらでもいいと思いますが、やっておくとよりリアルになります。

ハセガワ飛行機プラモデル脚部品など、こまごまとした部品も同じようにウォッシングしておきます。





ハセガワ飛行機プラモデルタイヤ、脚を取り付けました。






ハセガワ飛行機プラモデル最後に、弾薬類を接着。

いよいよ完成です!




ハセガワ飛行機プラモデルキャノピー部分のマスキングテープは、もっと早めに取っておいてもいいと思いますが、作業中に余計なキズをつけてしまうかもしれないので、最後まで貼り付けておきました。

全てを完成させて、最後にテープを剥がしたほうが余計なキズをつけることも無く、良いかも。

ハセガワ飛行機プラモデルテープをはがして見たら・・
せっかく塗り分けたコックピット部分のパネルが、全然見えなくなってました。。

スモークがちょっと濃かったというのもあるかもしれないですが・・キャノピーを閉じた状態だと、どの道殆ど見えない感じなので、ちょっと残念。
ハセガワ飛行機プラモデルとりあえず、これで完成です!
バイクモデルやカーモデルなど、つや有で仕上げる模型に比べると精神的に結構楽に組立てられました。

全体的にそこまで細かい塗りわけも無く、機体はつや消し、汚し塗装する事もあり、そこまでホコリや微細なキズに神経を使わなくても良かったというのがあるのかもしれません。

カーモデル等は鏡面塗装など、とにかく誇り、傷などに気を使いますからね・・

>> ハセガワ F-16の完成品写真はこちらにUP!