プラモデル・模型の作り方を写真入りで1から解説!
車・バイク・飛行機・艦船・AFVなど、スケールモデルを中心にUPしてます。
TOP特集 Hot!完成品ギャラリー 制作日記 UP!組立・工作ポイント塗装ポイント情景・ジオラマ製作
工具・塗料・材料模型用語集模型ハウツー本 プラモ通販リンク集当サイトについて メール
TOP > 塗装ポイント > 研ぎ出し・簡易版

プラモデルの研ぎ出し・簡易版

スポンサード リンク
研ぎ出しはキッチリ行えば非常にキレイな鏡面が得られるんですけど、なんだかんだ時間もかかるし、気を使うので正直ちょっと疲れてしまう部分もあるんですよね・・。

もうちょっと手軽に、でもキレイに仕上げたい場合は、一度ペーパーで中研ぎをしてから「クリアー塗装+コンパウンドでの艶出し」をしても、結構キレイな鏡面に近い塗装面が得られますよ!



写真左はデカールを貼ってラッカー系クリアーの砂吹きを終えたところ。ここからクリアーを厚吹きして、乾燥後ペーパーでデカールの段差や塗装面の微妙な凹凸(みかん肌)状態をキレイに均して、右の写真の様な状態にします。

ここまでの作業工程は、研ぎ出し・鏡面仕上げのページにUPしている、「2.ペーパーがけでデカールの段差を消す」までと同じです。


通常の研ぎ出しの場合は、ここからバフレックスで水研ぎを行い、コンパウンド掛けで艶を出していきますが、今回はここからもう一回クリアーを塗装して、コンパウンドで艶出しして仕上げます。

今回の場合は上から再度クリアーを塗るので、デカールの段差や塗装面の凹凸を消す時には、1000番のペーパーで仕上げていてもほぼ大丈夫です。

場合によっては若干キズが残る場合があるので、心配な場合は1200番で仕上げておくのが無難かもしれません。


2回目のクリアー塗装には、ラッカー系クリアー(ソフト99ボデーペンクリアー)をレべリングシンナーで薄めて使ってます。

レべリングシンナーで薄める事で、塗装面を平滑に仕上げやすくなるので、よりキレイで艶のある塗装面になります。

今回のクリアー塗装はペーパーキズを消して表面に艶を出すのが目的なので、塗膜が厚く塗らないよう、多少薄めに希釈して薄めに塗っていくのがポイント。

2回目のクリアー塗装が完了した状態。このままクリアーの吹きっぱなしで終わってもOKです。

前の工程でデカールの段差は消えてるので、これでもけっこうキレイな艶が出てくれます。

でも、ここからさらにコンパウンドで磨くと、より艶のあるボディーに仕上げることが出来ます!

ボデーペンクリアーを使った場合は、クリアー塗装後30〜40分程乾燥させてからコンパウンドで磨いてやりましょう。

30〜40分の乾燥だとまだクリアーが半乾きの状態ですけど、この状態で磨くとクリアー表面が伸びるというか、表面の梨地がけっこう簡単に平滑になってくれるので、楽に鏡面状態になってくれます。

夏場は乾燥時間を短く、冬は多めに取っておきますけど、この辺はだいたいで適当です。



コンパウンドはタミヤの青いキャップの「細目」を、同じくタミヤから発売されてるコンパウンド用の磨き布を使って磨いてます。


コンパウンドを布に付けて、多少力をいれて磨いていきます。そうすると、半乾きのクリアーが伸びて、良い具合に艶が出てくれますよ。

クリアーを乾燥させすぎてしまうと、なかなか梨地が消えてくれないので、半乾きで磨きに入るのがポイント。

凹んだところや入り組んでる所等は綿棒を使って磨いてやりますが、2回目のクリアーを塗装した事でそれなりにキレイな塗装面になってるので、あまり無理に磨く必要もないと思います。

角の部分は下地が出やすいので、布を当てすぎないように注意しながら磨いていきます。

それとクリアー塗料がまだ半乾きの状態なので、爪が塗装面に当たると形がついてしまう場合があるので、注意しておきましょう!


半乾きの状態で磨いているので、次の日にはクリアー塗料の乾燥が進んで若干艶が落ちてしまう場合があるので、翌日にもう一度軽くコンパウンド(細目)で艶を出してあげると良いです。

そして最後に、タミヤの仕上げ目で軽く磨き、パーツについたコンパウンドを中性洗剤を付けた歯ブラシで落としてやれば、艶出しは終了です!

概ねキレイな塗装面に仕上げる事が出来ると思います。

ペーパーの磨きキズが残ることもないので、けっこう手軽に仕上げることが出来ますよ!




今月号の模型誌&関連書籍


ノモ研 増補改訂版 (ホビージャパンMOOK 227)


ノモ研 2 野本憲一モデリング研究所 プラモデルを作ろう