プラモデル・模型の作り方を写真入りで1から解説!
車・バイク・飛行機・艦船・AFVなど、スケールモデルを中心にUPしてます。
TOP特集 Hot!完成品ギャラリー 制作日記 UP!組立・工作ポイント塗装ポイント情景・ジオラマ製作
工具・塗料・材料模型用語集模型ハウツー本 プラモ通販リンク集当サイトについて メール
TOP > 組立・工作ポイント > 後ハメ加工のやり方

ガンダムプラモデル(ガンプラ)の後ハメ加工のやり方

スポンサード リンク
ガンプラ後ハメ加工
ガンダム等のプラモデルは、ほとんど接着剤を使わなくても組み立てることができる、ハメ込み式になってます。

それで組み立ての際、内部の部品を塗装・組み立ててから、その内部の部品を挟み込むように外側の部品を組み立てることが多々あります。

ガンプラ後ハメ加工たとえば通常は左の写真のように、顔の部品を塗装、組み立てた後に頭部の部品を合わせていくことになるのですが・・




ガンプラ後ハメ加工そうすると、当然ながら頭部の部品が合わさるところは、合わせ目が目立ってしまいます。

ここから、この合わせ目を消して塗装するとなると、
顔面部品をマスキングしたり、パテを使った場合は削りカスが内部に入って汚くなったり・・と、いろいろと面倒くさくなってしまうわけです。

まず最初に頭部部品を接着、合わせ目を消して塗装が終わってから、顔面部品を後からハメ込むことができれば非常にスムーズに組み立てられるので、後ハメが可能なように加工してみましょう。

ガンプラ後ハメ加工ガンプラ後ハメ加工
頭部部品を接着後、顔面部品を下からハメ込めるように、写真左の黒くマーキングした部分をデザインナイフなどで削っていきます。
実際には多少他の部分も削る必要がありました。

どこを削れば後ハメできるかはケースによってかなり違ってくるので、どうすればスムーズに後ハメできるか、いろいろと考えながらやる必要があると思います。

ガンプラ後ハメ加工ガンプラ後ハメ加工
そうすると写真左のように、顔面部品を下からハメ込むことができるようになります。
後は、写真右のように頭部部品を接着、合わせ目を消して塗装した後に、顔面部品を下からハメ込めば完成です!

今回のようなケースは簡単に終わってますが、場合によっては新しく部品を追加したりしないと後ハメができないような、大掛かりな修正が必要なものもあると思いますので、ケースバイケースで加工する必要がでてくると思います。

ガンプラ後ハメ加工完成後の写真です。

他にも腕や足、関節部分などで後ハメ加工をした方がやりやすい箇所が結構出てくると思います。
ただ、特に関節部分の後ハメ加工は、強度が低下しがちなので、気をつけておいた方が良いです。



今月号の模型誌&関連書籍


MAX渡辺&大越友恵のガンプラ大好き! (Hobby Japan mook)

NOMOKEN extra edition ガンプラ入門 (ホビージャパンMOOK 309)